松岡美術館 ブログ

ワークショップ「古代エジプトの香り」を開催します!

「古代エジプトの香り」と題したワークショップを開催します。

サロン ド フルール イコアのアロマ調香師・青木恵先生と当館学芸員が、
現在展示中の古代エジプト作品をもとに、香りにまつわるエピソードをご紹介します。
2人のトークショーの後は、ご参加の皆様に実際に香料を調合していただくワークショップとなります。
古代エジプト人が愛してやまなかった当時の香りをこの現代に蘇らせてみませんか?
詳細は以下の通りです。

受講料 3,000円(税込)
各回先着 20名
会場 松岡美術館
開催日 10月14日(土)、10月27日(金)11月11日(土)、11月24日(金)
各回とも閉館後17時30分より開始、終了は19時30分を予定しています。
募集締切は、各開催日の3日前までとなります。

お申込・お問い合わせは、お電話(03-5449-0251)にてお申込みください。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。
ご質問・不明な点等がございましたら、担当の三島まで。

e0200353_16564188.jpg


























ミシマ
[PR]



# by matsu_bi | 2017-09-21 17:22 | ワークショップ

Yahoo!ライフマガジン「美術ブロガーTak推薦!一度は行っておきたい都内の美術館3選」で当館が紹介されました。

美術ブロガーの Takさんが Yahoo! ライフマガジン 「美術ブロガーTak推薦!一度は行っておきたい都内の美術館3選」にて、美術初心者でも美術館を楽しめるポイントとともに当館をご紹介くださいました。

記事はこちら↓


記事で触れられている開催中の企画展「松岡コレクション 印象派・新印象派 モネやルノワールはどこを描いたの?なにを描いたの?」は今週9月23日(土・祝)までです。
また、終了日翌日の9月24日(日)から10月3日(火)まで、展示替え作業のため休館いたしますので、お気をつけください。
皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。

山口

[PR]



# by matsu_bi | 2017-09-20 13:26 | 最新情報・お知らせ

当館所蔵作品が「アート・ステージ 画家たちの美の饗宴」で紹介されます。

明日、9月9日(土)午前10時30からTOKYO MX「アート・ステージ 画家たちの美の饗宴」で、現在展示中の印象派・新印象派の4作品が紹介されます。

e0200353_10490932.jpg














ウジェーヌ・ブーダン 《海、水先案内人》 1884年



e0200353_10490983.jpg

















クロード・モネ 《エトルタの波の印象》 1885年



e0200353_10490829.jpg














ギュスターヴ・ロワゾー 《エトルタの断崖》 1902年



e0200353_10491644.jpg

















ポール・シニャック 《オレンジを積んだ船、マルセイユ》 1923年


当館での展示は9月23日(土)までとなります。
放送と併せてぜひご覧くださいませ。皆様のご来館を心よりお待ちしております。


以下、「アート・ステージ 画家たちの美の饗宴」の公式ホームページとなります。


ミシマ



[PR]



# by matsu_bi | 2017-09-08 10:56 | 広報活動

ロビーコンサート アートとともに 音で感じる風景 武蔵野音楽大学 オーボエ・ファゴット・クラリネットによる木管アンサンブル

85日(土)1530分より、2017年第3回目のロビーコンサートを行いました。
出演者は、武蔵野音楽大学の山舘兄孟さん(オーボエ)、木村桃子さん(クラリネット)、上田実那さん(ファゴット)。


【プログラム】

H.Tomasi 《田園風コンセール》

.序曲

.メヌエット

.タンブーラン


L.V.Beethoven 《ドン・ジョヴァンニの『お手をどうぞ』の主題による変奏曲》

テーマ

5変奏

6変奏

8変奏

コーダ


L.V.Beethoven 《三重奏曲 Op.87

.フィナーレ:プレスト


〈アンコール曲〉

Giuseppe Verdi 《椿姫》

乾杯の歌

e0200353_14105771.jpg

今回は木管アンサンブルということで、楽器の音色の違い、ハーモニーを楽しめるプログラムでした。オーボエの哀愁のある音色、クラリネットの豊かな音色、ファゴットの柔らかな低音が混ざり合い、心地よい空間をつくりだしていました。

以前より開催している武蔵野音楽大学の学生の皆さんによるプログラム「音で感じる風景」。チラシ・パンフレットはこれまで同様、学生の皆さんが作ってくださったもので、さらに今回はMCにもチャレンジ。演奏曲それぞれの楽しみ方を簡潔かつ丁寧に説明していて、とてもすばらしいMCでした。

山舘兄孟さん、木村桃子さん、上田実那さん、武蔵野音楽大学 音楽環境運営学科の皆さん、ならびにご来館してくださった皆様、ありがとうございました。


次回のロビーコンサートは、1118日(土)の1530分~

武蔵野音楽大学選抜メンバーによるクラリネットアンサンブルを予定しております。

次回もどうぞお楽しみに。

皆様のご来館を心よりお待ちしております。


山口


[PR]



# by matsu_bi | 2017-08-06 14:20 | コンサート

港区広報トピックスに紹介されました!

港区広報トピックスに当館が紹介されました!
19分頃から当館が取り上げられています。館長松岡による企画展の解説です。
港区広報トピックス、Youtube のどちらからでもご覧になれます。

港区広報トピックス


今回、展示室4の企画展は、陶磁器以外の中国工芸に焦点を当て、青銅器、銅鏡、金銅仏、漆工芸、玉器の54件で構成されています。
青銅器は新石器時代末期から制作されはじめたといわれています。神や祖先を祀る儀式に用いられたこれらは、複雑怪奇な文様が器面を埋め尽くしています。また、漢時代や唐時代の鏡の裏面に施された装飾には、当時の人々が信じた神や聖獣が表されており、私たちを神秘の世界へと誘います。その他、唐時代の小金銅仏や、明・清時代の漆工芸、清朝の玉器を出品しています。
中国の工芸品をまとまった形でお出しするのは、2007年以来となりますので、是非ご覧くださいませ。

「館蔵 中国の工芸」展は、9月23日(土・祝)まで
開館時間 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
会場 展示室4
観覧料 一般800円/65歳以上・障害者700円/中高大生500円(20名以上の団体は各100円引)


皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。


ミシマ


[PR]



# by matsu_bi | 2017-08-05 16:46 | 最新情報・お知らせ

松岡美術館 公式ブログ
by matsu_bi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル