松岡美術館 ブログ

「鳳凰と獅子」展レセプション

先日、サントリー美術館で開催中の「不滅のシンボル 鳳凰と獅子」展のレセプションにお邪魔しました。

e0200353_12351447.jpg


当館でも4月まで「ファンタジー」と題して、龍や鳳凰といった幻想動物を描いたうつわなどを展示していましたが、こちらは古代中国の銅鏡から近代日本の布団地に至るまで、鳳凰と獅子に関する作品が一同に展示されています。

高貴で優美な鳳凰
勇壮で威厳に満ちた獅子
という取り合わせはまさに豪華絢爛

時代や国を超えたスケールの大きさもさることながら、対象が想像上の生き物ゆえに作り手の自由な感性が作品から良く伝わってくる、大変見ごたえのある内覧会でした。

今展は会期中に何度も展示替えが行われるとのことで、何度行っても楽しめる(反面、学芸員の方の苦労が察せられる007.gif)というのも魅力の一つですね。

詳細はこちら

(松岡)
[PR]



by matsu_bi | 2011-06-11 12:36 | レセプション

松岡美術館 公式ブログ
by matsu_bi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧