松岡美術館 ブログ

あーとなおしゃべり

 真夜中のパリで・・・

 久々に劇場で映画鑑賞をしました。大画面はやはり違います。061.gif

 鑑賞したのはウディ・アレン監督作品「ミッドナイト・イン・パリ」。売れっ子の脚本家ではあるけれど、本当は小説を書きたい主人公ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者とその家族とパリに滞在中。彼のあこがれは1920年代のパリ。そう、エコール・ド・パリの時代です。

 ある晩12時の鐘を聞いたギルは、その時代にタイムスリップしてしまいます。そこで出逢うのが、大好きなヘミングウェイであり、ピカソでありダリ。やがては、さらに時代をさかのぼり、ロートレックにまで会ってしまうのです。
 ちょっとしたアメリカの問題点なども垣間見える、お洒落なラブコメディ。ノスタルジックなエコパリの時代観もたっぷり味わえます。主演のオーウェン・ウィルソンのアメリカンカジュアルもお楽しみ。もちろん1920年代「狂乱の時代」と言われたパリのファッションにも注目です。監督のこだわりはいつもながら、細部に見え隠れしています。
ちょっと、パリに行きたくなりました。053.gif

当館では9月23日(日)まで、モディリアーニ、藤田、ピカソそしてシャガール、キスリングなどエコール・ド・パリの画家たちの作品をご紹介しています。作品の向こう側の時代を映画で感じ、ご鑑賞いただくと、同じ絵も、また違う味わいになるかもしれません。ぜひ、お試しください。(P)
[PR]



by matsu_bi | 2012-06-06 11:24 | その他

松岡美術館 公式ブログ
by matsu_bi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル