松岡美術館 ブログ

あーとなおしゃべり シャルフベックのまなざし

「ヘレン・シャルフベック 魂のまなざし」 展

やっと、行かれました。東京芸術大学大学美術館にて開催中の展覧会です。

「フィンランドの国民的画家による初の回顧展」と銘打つだけに、初期から晩年まで80点以上の作品が展示されていました。
幼い日の事故により、小学校に通えなかったそうですが、家庭教師によって絵の才能を見出され、国内の芸術学校や画塾で学んだあと、パリにわたり、マネ、セザンヌ、ホイッスラーなどの影響を受けました。女性らしい、繊細で柔らかなタッチ、何よりも対象を見つめるまなざしの暖かさに心打たれました。

1889年のパリ万博で銅メダルを獲得した《回復期》は彼女の代表作でもありますが、その数年前に描かれた《扉》という作品が個人的には好きです。

7/26(日)まで芸大美術館、その後、仙台・宮城県美術館、広島・奥田元宋・小由女美術館、神奈川県葉山・神奈川近代美術館 葉山と、来年3月まで巡回展が続きます。

また、違うスペースで、もう一度じっくり作品に向き合いたいと思っています。 黒川

e0200353_14564998.jpg

[PR]



by matsu_bi | 2015-07-20 15:03 | その他

松岡美術館 公式ブログ
by matsu_bi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル