松岡美術館 ブログ

スクールプログラム「アーティストの1日学校訪問」@港区立笄小学校

先日、港区立笄小学校の図工教諭である江原先生にお招きいただき、笄小学校で行われた5年生の図工の授業に参加してきました。

講師は淺井裕介さん。
身の回りの素材を用いて、キャンバスに限らず角砂糖の包み紙などへのドローイング、泥や白線を使った巨大な壁画や地上絵のシリーズまで、あらゆる場所と共に奔放に絵画を制作するアーティストです。

今回の授業は様々な土地の土を使って、先生方や現代美術館の方々が貼り合わせた大きな不織布にみんなでひとつの絵を描こうというものでした。
そこで、当館もお庭の土を提供しました。
他には海外の土や○○さん家のお庭の土など、様々な土が集められていました。

授業が始まると、淺井さんが二枚の大きな不織布の中央に、一枚には鳥を、もう一枚にはおおかみのような獣を描きました。
これから、この動物の周りにみんなで森を作るということでした。
森作りは丸を描くことから始まりました。最初は1つ、次は丸を2つつなげたもの、次は3つ、次は4つ。
丸を描くだけでも、まん丸だったり楕円だったりと十人十色みんな少しずつ違っており、個性が見えて面白いものですね。
それから、丸から木を生やし、枝と葉を描きました。そして、根の部分にはなんと、動物を描きました。
淺井さん曰く、「土で描いているんだから、根が動物の形でもおかしくないでしょ」、とのことでした。
この絵にみんなで植物や動物に色をつけたり、空に星を散りばめたりして装飾していきました。
e0200353_16104772.jpg
完成したものが、こちら!
e0200353_16140479.jpg
こんなに素晴しい大作が出来上がりました!
そして、この絵を笄小学校の校舎の外壁に展示するとのことで、拝見してきました。
しかし残念なことに、鳥の絵は鳥が描かれていたからか強風に乗って飛んでいって(破れて)しまったそうで、獣の絵だけの展示でした。
e0200353_16144684.jpg
素材とテーマの影響か外で見るほうがしっくりきます。さらに、この場所は学校の敷地外からも見えるので、近隣の方の目にも触れます。自分たちが作った作品を先生や現代美術館の方々の協力のもと展示してもらい色んな人に見てもらうということは、単に技能や知識の習得だけでなく自分を取り巻く環境についても学べ、子どもたちにとって良い経験になるだろうと感じました。そして、なによりプロのアーティストである淺井さんとともに創作したことは、子どもたちみんなが持っているアートの才能、感性を引き出すきっかけになるでしょう。
そして、当館も近隣の学校と連携し、地域の子どもたちが美と出会う場を提供していきたいと思います。

最後に......淺井さんの個展「この本に描く」が2月5日(日)まで恵比寿のNADiff a/p/a/r/tで開催中です!
個展の詳細はこちら

山口


[PR]



by matsu_bi | 2017-01-25 16:52 | その他

松岡美術館 公式ブログ
by matsu_bi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧