松岡美術館 ブログ

鎌倉秀雄先生

去る3月14日、日本美術院同人で業務執行理事の鎌倉秀雄先生が逝去されました。享年86歳。

現在展示室6で開催中の「松岡清次郎が愛した画家たち 鎌倉秀雄・小笠原光・林美枝子・今井ロヂン」に、鎌倉先生の当館所蔵の全6作品を展示しています。

1979年から1988年にかけての院展出品作で、豪奢なインドの女性像や壮麗なエジプトの王妃、そして奈良興福寺の仏像などが、いずれも120号を超える大画面に描かれています。
e0200353_19232537.jpg
e0200353_20070196.jpg
1979年 再興第64回院展 《粧》 奨励賞
 
展示が始まって間もない1月28日、先生が奥さまとご一緒に来館された折に「旅行も飛行機も大の苦手だけれど、意を決して行きました。」とインド・エジプト取材時のご苦労をうかがい、また、お寄せ下さった幼少期に患っていた喘息と絵を描く喜びを綴ったコラム『少年期の私』は、「本邦初公開のお話しです。」と笑顔で教えてくださいました。
展示室では、このほかにも先生にご執筆いただいた各作品の思い出を紹介しております。

かつて新橋にあった当館に何度かスケッチにおいでになった頃のことをお尋ねすると、
「松岡清次郎館長と私は性格はまったく違うけれど、なぜかウマが合ったんですよ」と、懐かしそうに目を細めておいででした。
今回の展示をとても喜んで下さり、「また来ます。」とお帰りになったのが先生とのお別れになってしまうとは、そのときは思いもよらぬことでした。
e0200353_20144482.jpg
1981年 再興第66回院展 《追想王妃の谷》 二度目の日本美術院賞(大観賞)に輝き、同人推挙となった作品。2017年1月28日 当館展示室6にて。

先日、展示室5「美しい人びと」で展示中の《竪琴》作者 松室加世子先生がおみえになったとき、《竪琴》制作にまつわる鎌倉先生の思い出を話しくださいました。
はじめ竪琴の絃は金泥で描いていたけれど、切金(きりかね:金箔を細く切って貼り付ける技法)を使ったのは鎌倉先生から勧められて、とのこと。びっくりするとともに、同じ安田靫彦門下の日本画家同士、こんな交流をされていたのか、とたいへん興味深く拝聴しました。

院展のホームページでは、「わたしの画歴」と題して鎌倉先生が安田靫彦先生に入門された経緯を語られています。リンクはこちらです。
代表作 1987年 再興第72回院展 《阿修羅》 などの画像も紹介されています。因みに、松岡は《阿修羅》を取得したかったらしい、とは鎌倉先生に以前うかがったお話。文部大臣賞を受賞したこの作品は、現在、東京国立近代美術館の所蔵となっています。

鎌倉先生、素晴らしい作品の数々をありがとうございました。そして先生の画業を支えていらした奥さまと共に、当館の展示へ多大なご協力を賜りましたこと、ここに厚くお礼申し上げます。 

鎌倉先生が50代の頃に取り組んだ大作6点を展示しております。会期は5月14日(日)まで。皆さまのお越しを心よりお待ちしております。 (寺島)

[PR]



by matsu_bi | 2017-05-10 10:00 | 企画展について

松岡美術館 公式ブログ
by matsu_bi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル