松岡美術館 ブログ

カテゴリ:最新情報・お知らせ( 119 )




Yahoo!ライフマガジン「美術ブロガーTak推薦!一度は行っておきたい都内の美術館3選」で当館が紹介されました。

美術ブロガーの Takさんが Yahoo! ライフマガジン 「美術ブロガーTak推薦!一度は行っておきたい都内の美術館3選」にて、美術初心者でも美術館を楽しめるポイントとともに当館をご紹介くださいました。

記事はこちら↓


記事で触れられている開催中の企画展「松岡コレクション 印象派・新印象派 モネやルノワールはどこを描いたの?なにを描いたの?」は今週9月23日(土・祝)までです。
また、終了日翌日の9月24日(日)から10月3日(火)まで、展示替え作業のため休館いたしますので、お気をつけください。
皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。

山口

[PR]



by matsu_bi | 2017-09-20 13:26 | 最新情報・お知らせ

港区広報トピックスに紹介されました!

港区広報トピックスに当館が紹介されました!
19分頃から当館が取り上げられています。館長松岡による企画展の解説です。
港区広報トピックス、Youtube のどちらからでもご覧になれます。

港区広報トピックス


今回、展示室4の企画展は、陶磁器以外の中国工芸に焦点を当て、青銅器、銅鏡、金銅仏、漆工芸、玉器の54件で構成されています。
青銅器は新石器時代末期から制作されはじめたといわれています。神や祖先を祀る儀式に用いられたこれらは、複雑怪奇な文様が器面を埋め尽くしています。また、漢時代や唐時代の鏡の裏面に施された装飾には、当時の人々が信じた神や聖獣が表されており、私たちを神秘の世界へと誘います。その他、唐時代の小金銅仏や、明・清時代の漆工芸、清朝の玉器を出品しています。
中国の工芸品をまとまった形でお出しするのは、2007年以来となりますので、是非ご覧くださいませ。

「館蔵 中国の工芸」展は、9月23日(土・祝)まで
開館時間 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
会場 展示室4
観覧料 一般800円/65歳以上・障害者700円/中高大生500円(20名以上の団体は各100円引)


皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。


ミシマ


[PR]



by matsu_bi | 2017-08-05 16:46 | 最新情報・お知らせ

【お車でご来館予定のお客様へ】当館の前面道路におけるガス工事跡道路復旧工事のお知らせ

7月29日(土)から9月30日(土)まで、ガス管入取替工事が行われるため、当館の前面道路(港区白金台5丁目6~12番地)が片側交互通行になります。
e0200353_13241065.jpg

ご不便おかけいたしますが、お車でお越しの際はご注意ください。

山口


[PR]



by matsu_bi | 2017-07-26 13:32 | 最新情報・お知らせ

【お車でご来館予定のお客様へ】当館付近道路におけるガス工事跡道路復旧工事のお知らせ

7月21日(金)に外苑西通りでガス工事跡道路復旧工事が行われます。
当日は外苑西通りから当館に入る道路が車両通行止め及び道路幅員減少となります。
e0200353_15373962.jpg
ご不便おかけいたしますが、お車でお越しの際はご注意ください。

山口

[PR]



by matsu_bi | 2017-07-19 14:57 | 最新情報・お知らせ

【お車でご来館予定のお客様へ】当館付近道路におけるガス管工事のお知らせ

7月5日(水)から17日(月)までガス管入取替工事のため、外苑西通りから当館に入る道路が片側交互通行及び車両通行止めになります。
e0200353_15373962.jpg
ご不便おかけいたしますが、お車でお越しの際はご注意ください。

山口


[PR]



by matsu_bi | 2017-07-05 17:40 | 最新情報・お知らせ

【お車でご来館予定のお客様へ】当館付近道路におけるガス管工事のお知らせ

6月3日(土)から10日(土)までガス管入取替工事のため、外苑西通りから当館に入る道路が片側交互通行及び車両通行止めになります。
e0200353_15373962.jpg
ご不便おかけいたしますが、お車でお越しの際はご注意ください。

山口



[PR]



by matsu_bi | 2017-06-02 15:42 | 最新情報・お知らせ

松室加世子先生のご来館

5月4日(木・祝)「美しい人びと」で展示中の《竪琴》を描かれた、松室加世子先生がご来館下さいました。松室先生、ご多用中のところお運びいただきどうもありがとうございました。

e0200353_19543714.jpg

松室先生よりうかがった、制作当時の思い出をご紹介いたします。

《竪琴》には桃山時代の女性を描きましたが、安田靫彦先生、羽石光志先生(共に歴史画で名高い院展作家) について学んでおりましたので、やはり歴史画を描こう、との想いからの制作でした。

歴史画と申しましても、歴史的な事件や事実を描くのではなく、自分の中でいろいろと空想を広げて表現いたしました。

当時、桃山時代にとても親しみを感じており、信仰に命を捧げるキリシタンの人びとに興味をおぼえて、こうした絵画ばかり描いておりました。

e0200353_19541204.jpg

松室先生のお言葉のとおり、《竪琴》の遠景には尖塔に十字架が見えています。イタリアの教会をモティーフに、舞台もイタリアを想定されていたとのこと。そして現在は展示しておりませんが、当館には先生の作品がもう一作、明智光秀の三女でキリシタンとして有名な細川ガラシャを描いた《燭光》も所蔵しております。こちらは《竪琴》の翌年に制作されました。

「美しい人びと」も会期終了の5月14日(日)が近づいてまいりました。
展示室で竪琴を奏でる桃山時代の美しい人に会いにいらっしゃいませんか?皆さまのご来館を心よりお待ちしております。 (寺島)

[PR]



by matsu_bi | 2017-05-05 10:00 | 最新情報・お知らせ

鎌倉秀雄先生のご来館

本日、鎌倉秀雄先生がお見えになられました。
現在、展示室6には鎌倉先生の作品が、計6点出展されています。
写真は、先生の作品《追想王妃の谷》の前で撮影したものです。

e0200353_15425946.jpg




















《追想王妃の谷》 1981年 紙本着色

作品の制作意図や作家仲間のお話など、貴重なお話をいただきました。
お忙しいところご来館くださり、また撮影のご協力もいただき、誠にありがとうございました。


ミシマ
[PR]



by matsu_bi | 2017-01-28 15:58 | 最新情報・お知らせ

新キャラクター誕生のお知らせ

松岡美術館に新キャラクター「まつにゃん」が誕生しました!
e0200353_18201548.jpg
当館の作品をいろいろなところで紹介していきます。
まつにゃんの活躍にどうぞご期待ください!

山口



[PR]



by matsu_bi | 2017-01-07 18:27 | 最新情報・お知らせ

謹賀新年

e0200353_16112849.jpg

旧年中はたくさんの方にご来館頂きまして誠にありがとうございました。
本年も皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。

皆様にとって良い一年でありますように


美術館職員一同

[PR]



by matsu_bi | 2017-01-01 00:00 | 最新情報・お知らせ

松岡美術館 公式ブログ
by matsu_bi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル