松岡美術館 ブログ

<   2011年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧




2箇所のレセプション

2月25日(金)
損保ジャパン東郷青児美術館根津美術館のレセプションに行って参りました(^∀^)


損保ジャパン東郷青児美術館
e0200353_15161314.jpg

選抜奨励展(~4/3まで)
各公募団体展において損保ジャパン美術財団奨励賞を受賞した作品36点と推薦委員が推薦する作品28点が出品されています。



根津美術館
e0200353_15163337.jpg

古鏡とひなかざり(~4/6まで)
ふたつの寄贈コレクションをご紹介する展覧会。村上英二氏より寄贈された中国古鏡のコレクション80点と旧竹田宮家より寄贈された明治天皇・昭憲皇太后より第六皇女昌子内親王が拝領した雛道具約70件が出品されています。




現代から過去へタイムスリップをしたような
とても贅沢な一日を味わいました!
みなさまも同日に連続で行かれてみてはいかがですか(^∀^)
[PR]



by matsu_bi | 2011-02-27 16:18 | レセプション

饕餮文尊

本日は展示室4よりご紹介します。


饕餮文尊(とうてつもんそん) 商時代晩期


みなさん
こちらの写真をよーく見てください。

e0200353_13473428.jpg

文様が何かに見えてきませんか?


ん?何なんだろう・・・

次回
詳しくご説明しますのでお楽しみに(^∀^)
[PR]



by matsu_bi | 2011-02-25 14:21 | 企画展について

コンクリート・ボックス

本日は展示室6よりご紹介します。


今井信吾≪コンクリート・ボックス≫
1974年 油彩 カンヴァス
e0200353_1115681.jpg
218×260 ㎝


今井氏より
今回の企画展にあたり
お手紙を頂戴いたしましたのでご紹介します。


68年~数年、本来の強い色彩による作画から少しずつ構成本位の簡潔な構図と、おさえた色彩によってクールなコンクリートの箱のような人間空間を模索しました。はためく布は旗のイメージで無地であることによって何物にも与しないといったかたくなな情感をあらわす気持ちがありました。私の絵の歴史の中で、一寸自分を強いて押さえ込んだ作風の時期にあたるかもしれません。
[PR]



by matsu_bi | 2011-02-24 11:32 | 企画展について

はなこさん

本日発売のHanakoに当館が掲載されました(^∀^)

e0200353_9453673.jpg

P63の白金散策に載っています。
ぜひご覧くださいませ(^∀^)

はなこさん本当にありがとうございます。
[PR]



by matsu_bi | 2011-02-24 10:20 | 最新情報・お知らせ

レセプション

本日から開催の
練馬区立美術館
[鹿島茂コレクション1 グランヴィル-19世紀フランス幻想版画展](~4/3まで)

レセプションが昨日ありました。

e0200353_1519201.jpg


19世紀フランスの版画を取り上げた展覧会は数多く開催されていますが、グランヴィルの個展は本邦初だそうです。鹿島茂氏自身、「グランヴィル狂」を自認されるように、大変充実したコレクションでグランヴィルの生涯をたどることができました。
みなさんもぜひご覧になってください(^∀^)
[PR]



by matsu_bi | 2011-02-23 16:09 | レセプション

artgene

世界中のアート情報を発信しているOCNアートartgeneに当館情報を掲載していただきました。
掲載ページはコチラ

ん~「デートで行きたい美術館」…
他館に行っても、どうしても仕事の目でみてしまう視野の狭い自分(汗)
もっとアートを楽しむ余裕を持ちたいものです。

(松岡)
[PR]



by matsu_bi | 2011-02-22 22:10 | 広報活動

饕餮文方鼎

饕餮文方鼎こちら読めますか?
難しい漢字ですよねぇ
とうてつもんほうてい
といいます。
作品はこちらです。
e0200353_14301590.jpg
商時代晩期

只今、ファンタジー~松岡コレクションの幻想世界~
展示室4では龍、鳳凰、麒麟といった想像上の動物や、中国神話の怪物・饕餮(とうてつ)の描かれた殷周時代の青銅器を筆頭に、中国のうつわをご紹介しています。


こちらの文様は何に見えますか?
想像してみてください(^∀^)
[PR]



by matsu_bi | 2011-02-22 14:57 | 企画展について

広報@ウェブ

当館広報部隊は、雑誌・テレビ等だけではなく、ウェブサイトにも積極的に広報活動を行っておりまして…

2月15日からは中国・歴史ドラマのポータルサイト「中華歴史ドラマ列伝」で今展の情報をご掲載いただいております。
情報ページはこちら

また、先日は日本で唯一のアートテラー、とに~さんに取材にお越しいただき、今展に二つ星をいただきました!043.gif
こちら


当館情報を載せていただけるサイト管理者様がいらっしゃいましたら、お気軽に担当:松岡治
osamu.m@matsuoka-museum.jp
までお問い合わせください。

(松岡)
[PR]



by matsu_bi | 2011-02-20 11:21 | 広報活動

美しいキモノ

本日発売の美しいキモノに当館が掲載されました(^∀^)


e0200353_11314996.jpg

詳しくはアシェット婦人画報社より発行の美しいキモノ 2011年 春号をご覧になってくださいませ(^∀^)



ここで当館所蔵着物関連作品をご紹介します。

鳥高斎栄昌≪三美人≫
1974~7年 版画
e0200353_13525887.jpg
38×25 ㎝
こちらは1994年に一度だけ展示された作品です。




毎週土曜日14:00よりギャラリートークを行っています。
本日は学芸員寺島が担当しました。
e0200353_15114095.jpg
今回企画展示の解説は、学芸員(黒川、寺島、安齋、後藤)の交代制で行っております。


ぜひ一度お聞きください!!
[PR]



by matsu_bi | 2011-02-19 15:28 | 最新情報・お知らせ

港区ミュージアム・ネットワーク

みなさん
港区ミュージアム・ネットワークはご存知ですか?
港区内に所在する博物館施設が相互に連携・協力して、区内に集積する文化財・文化資産の有効な活用を図りながら、各館独自の特色を生かした事業を展開するとともに、広く情報を発信し、区民及び区を訪れる人々の豊かで充実した暮しを実現することを目的として設立された組織です。
ホームページでは、区内で開催されている展覧会の旬の情報(月2回更新)をお知らせしていますのでご覧になってみて下さい。



昨日、港区ミュージアム・ネットワークによる見学会が当館で行われました。
e0200353_16235131.jpg

年に数回、職員交友の為に開催されるものです。
e0200353_16242269.jpg

初めていらした方も多く熱心に見学されていました。

夏には児童ワークショップなども開催されるので
ぜひホームページでチェックしてみてください(^∀^)




お知らせです。

先日お見えになった
美術評論家の藤嶋俊會氏が
新潟日報で当館を紹介してくださいました。

その時の記事です。
e0200353_16294172.jpg



わざわざ紙面をお送り下さいまして有難うございましいた。
[PR]



by matsu_bi | 2011-02-18 16:51 | 最新情報・お知らせ

松岡美術館 公式ブログ
by matsu_bi
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧