松岡美術館 ブログ

タグ:イベント ( 45 ) タグの人気記事




ロビーコンサート アートとともに クラリネット 岩瀬龍太

429日(土・祝)1530分より、2017年第2回目のロビーコンサートを行いました。

今回の演奏は、クラリネット奏者の岩瀬龍太さん。

岩瀬さんの当館ロビーコンサートへの出演は2回目。

前回は昨年1月にDuo itodoとしてご出演いただきました。


【プログラム】

クロード・ドビュッシー シリンクス

ヨハン・セバスチャン・バッハ 半音階的幻想曲

アストル・ピアソラ タンゴ・エチュード 第3

〈アンコール曲〉

アストル・ピアソラ タンゴ・エチュード 第4

e0200353_14201078.jpg

今回の演奏曲は全て、クラリネットの為に書かれた曲ではありませんでした。1曲目はギリシャ神話をテーマにしたフルート曲「シリンクス」。美しくも神秘的な曲調とクラリネット独特の深みのある音で、深い森にいるかのような気分にさせられます。2曲目の「半音階的幻想曲」はチェンバロの為に書かれた曲で、息継ぎするタイミングが中々なく大変だったそうです。3曲目はモダンタンゴの奇才ピアソラの「タンゴ・エチュード 第3番」。さらにアンコール曲はなんとぶっつけ本番!「タンゴ・エチュード 第3番」に続く形で、「タンゴ・エチュード 第4番」を演奏してくださいました。演奏前のMCではできるかなとおっしゃっていましたが、事前に用意していたかのような素晴しい演奏でした。岩瀬さん、ならびにご来館してくださった皆様、ありがとうございました。

e0200353_14230643.jpg

次回のロビーコンサートは、85日(土)の1530分~

武蔵野音楽大学の学生さんによる木管アンサンブルを予定しております。次回もどうぞお楽しみに。

皆様のご来館を心よりお待ちしております。


山口


[PR]



by matsu_bi | 2017-05-04 18:57 | コンサート

ロビーコンサート アートとともに Duo Deux Fleurs -デュオ ドゥ フルール-

全国的に雪が降ったりと寒い日が続く2月11日土曜日の午後3時30分から、今年初めてのロビーコンサートを開催しました。

今回の出演者は、中村ゆか里さん、中村里奈さん姉妹によるヴァイオリンデュオ「Duo Deux Fleurs -デュオ ドゥ フルール-」。


【プログラム】

クライスラー 愛の喜び

ベリオ 二台のヴァイオリンの為のコンチェルト

カッチーニ アヴェマリア

バルトーク ルーマニア民俗舞曲

〈アンコール曲〉

さくら変奏曲

e0200353_10354192.jpg

鮮烈な曲調でスタートした今回のコンサート。そこへ、カッチーニのアヴェマリア。会場がしっとりとした雰囲気に包み込まれます。続く、バルトークのルーマニア民俗舞曲は7つの舞曲の旋律を用いて6つの部分で構成されており、思わず踊りたくなるようなリズミカルな楽しい演奏でした。ここ数日は、外出が億劫になるような寒さが続いていますが、館内は沢山のお客様の拍手に包まれていました。

さらに、アンコールでは当館の庭園を桜の時期に無料開放していることをご紹介くださったうえで、さくら変奏曲を演奏するという粋なはからい。素敵な演奏に加え当館の宣伝まで、どうもありがとうございますm(_ _)m

さくらさくら…日本人なら誰もが親しみのあるメロディーですが、二台のヴァイオリンによって奏でられる優雅かつドラマティックなメロディーで、春の到来が待ち遠しくなりました。

中村ゆか里さん、中村里奈さん、ならびにご来館くださった皆様、ありがとうございました。

当館の庭園開放については、ツイッターや、こちらのブログでお知らせしておりますので、ぜひお越しください。(写真は昨年、春のお庭です。)

e0200353_10362575.jpg
e0200353_10443568.jpg

次回のロビーコンサートは、4月29日(土・祝)の15時30分~

岩瀬龍太さんによるクラリネットの演奏を予定しております。

次回もお楽しみに。

皆様のご来館を心よりお待ちしております。

山口


[PR]



by matsu_bi | 2017-02-12 10:49 | コンサート

ロビーコンサート アートとともに クリスマススペシャルコンサート チェロ 上野通明

12月23日(金・祝)の15時30分より、2016年 第5回目のロビーコンサートを行いました。
今回は、若い音楽家のためのチャイコフスキー国際音楽コンクールなど数々のコンクールで優勝、また入賞し注目されている新進気鋭のチェリスト上野通明さんによる演奏でした。
プログラムは以下のとおり。

バッハ無伴奏チェロ組曲第1番
I.プレリュード
II.アレマンド
III.クーラント
IV.サラバンド
V.メヌエットI&II
VI.ジーグ

黛 敏郎 文楽

上野さんの演奏は今まで聴いた事のないような素晴しい演奏で、始まった途端、感動のあまり鳥肌がたち、黛 敏郎作曲の「文楽」ではチェロひとつでこんなに幅広い表現ができるのかとただただ驚嘆するばかりで、あっという間に時が過ぎてしまいました。
さらに、アンコールにも応えてくださり、「鳥の歌」を演奏してくださいました。この「鳥の歌」の原曲はカタルーニャ地方のクリスマスキャロルで、これを編曲して一躍有名にしたのが世界的なチェリスト パブロ・カザルスです。クリスマススペシャルコンサートの最後を飾るにふさわしい、平和の願いがこもった一曲でした。
上野通明さん、ならびにご来館してくださった皆様、ありがとうございました。
e0200353_18315925.jpg

次回は、来年の2月11日(土・祝)15時30分~
中村ゆか里さん、中村里奈さんによるバイオリンのデュオを予定しております。
皆様のご来館を心よりお待ちしております。

山口
[PR]



by matsu_bi | 2016-12-28 17:29 | コンサート

松岡美術館 ロビーコンサート 音で感じる風景Ⅱ‐Feeling Landscapes with SoundsⅡ‐

10月29日(土)の15時30分より、2016年 第4回目のロビーコンサートを行いました。
今回は、武蔵野音楽大学 室内楽選抜メンバー 山舘兄孟さん(オーボエ)、齋藤静佳さん(フルート)、小椋陽咲さん(ホルン)、金田直道さん(ファゴット)、佐藤萌さん(クラリネット)による木管五重奏でした。

プログラムは以下のとおり。

C.Debussy 《小組曲》より
1.Ⅰ. 小舟にて

M.Mussorgsky 《展覧会の絵》より
2.第1プロムナード
3.第4 プロムナード
4.Ⅴ. 卵の殻をつけた雛たちの踊り
5.Ⅸ. 鶏の足の上に立つ小屋 - バーバ・ヤーガ
6.第2 プロムナード
7.Ⅹ. キエフの大門

《アンコール》
C.Debussy 《小組曲》より
8.Ⅳ. バレエ

今回のロビーコンサートは前回に引き続き武蔵野音楽大学の学生の皆さんによるプログラム「音で感じる風景Ⅱ」。若さ溢れるフレッシュなハーモニーが館内に響きわたり、和やかな気持ちになりました。
また、前回同様、今回のチラシ、パンフレットも、武蔵野音楽大学音楽環境運営学科の学生の皆さんが作ってくださいました。演奏、運営ともに学生の皆さんの心のこもった素晴しいコンサートでした。
山舘兄孟さん、齋藤静佳さん、小椋陽咲さん、金田直道さん、佐藤萌さん、武蔵野音楽大学音楽環境運営学科の学生の皆さん、ならびにご来館してくださった皆様、ありがとうございました。
e0200353_14335181.jpg

次回は、12月23日(金・祝)の15時30分~
新進気鋭のチェリスト上野通明さんによる演奏を予定しております。
皆様のご来館を心よりお待ちしております。

山口
[PR]



by matsu_bi | 2016-10-30 14:38 | コンサート

三田図書館 ミュージアムセミナー

本日、港区立三田図書館にて当館 館長 松岡治が、ミュージアムセミナーを行いました。

今回で3度目となる三田図書館でのミュージアムセミナー。
さらなる新要素を加え、前回よりもさらにバージョンアップいたしました!

e0200353_176421.jpg


タイトルは、「ミュージアムがそこにある理由(わけ)~資料でたどる松岡美術館の40年史」。

当館創立者松岡清次郎の少年期から会社設立までの秘話、オークションで手に入れた主要作品の思い出話、当時の新聞から読み解く美術館の歩みなどが紹介されました。

40年以上の美術館の歴史を語るには短い時間ではありましたが、今回のセミナーを通じてお越しくださったお客様に、ひとつでも心に響くものを持ち帰っていただけたのなら幸いです。
ご来場くださったお客様、本日は誠にありがとうございました。

ミシマ
[PR]



by matsu_bi | 2016-10-22 17:16 | 出張講座

松岡美術館ロビーコンサート 音で感じる風景‐Feeling landscape will sounds‐

7月30日(土)の15時30分より、2016年 第3回目のロビーコンサートを行いました。
今回は、武蔵野音楽大学 三倉麻実門下選抜メンバー 伊藤えりかさん、森美貴さん、久慈千晶さんによるクラリネットアンサンブルでした。

プログラムは以下のとおりです。
1.E.Satie《ピカデリー》
2.C.Debussy《亜麻色の髪の乙女》
3.B.Rossignol《夢見るための絵》より
Le Talisman   ポール・セリュジエ作
Les Tournesols フィンセント・ファン・ゴッホ作
4.W.A.Mozart オペラ《魔笛》より
      夜の女王のアリア「復讐の炎は地獄のように我が心に燃え」
5.高橋宏樹《3つの魔法》
      風の魔法
      海の魔法
      月の魔法

うだるような暑さに太陽が恨めしい毎日ですが、この日は少し違いました。クラリネットの軽快な音色を聴きながら、窓から見えるお庭を眺めていると、陽光が不思議と爽やかに映りました。夏の暑苦しさを忘れさせてくれる癒しのひとときでした。
また、今回のプログラムは美術と音楽の関係性を意識した内容で、楽曲解説などの載った学生さん手作りのパンフレットも配られ、曲のことをより理解しながら演奏を聴けたのではないでしょうか。
さらにアンコールでは、プラグラムとは一味違ったジャズナンバーを演奏してくださいました。
伊藤えりかさん、森美貴さん、久慈千晶さん、ならびにご来館してくださった皆様、ありがとうございました。
e0200353_9554818.jpg

次回は、10月29日(土)の15時30分~
武蔵野音楽大学選抜メンバーによる
木管五重奏を予定しております。
皆様のご来館を心よりお待ちしております。

山口
[PR]



by matsu_bi | 2016-07-31 09:56 | コンサート

新潮講座「東京のちいさな美術館めぐり」

6月5日(日)に当館にて、新潮講座「東京のちいさな美術館めぐり」が行なわれました。
講師は「東京のちいさな美術館めぐり」の著者で、美術ライターの浦島茂世さん。
e0200353_14151168.jpg

まずは、個々に自由見学。その後は、浦島さんのリードで作品を鑑賞していただきながら、館長の松岡より創立者・松岡清次郎のコレクション蒐集に関するエピソードを交え、作品解説をさせていただきました。
現物を目の前にして、オークションの際のこぼれ話など蒐集に関するエピソードを聞くという体験は中々できないのではないでしょうか。参加者の皆様も興味深そうに聞いてらっしゃいました。時には、参加者の方から質問が飛ぶこともあり、あっという間の一時間半でした。
e0200353_14242577.jpg


浦島さん、そして参加者の皆さん、ご来館ありがとうございました。

ちなみに、新潮講座「東京のちいさな美術館めぐり」は次回6月26日(日)に開催予定です。
次回は、「あとりえ・う」さんと「武相荘」さんにて、講座が行なわれるそうです。
皆さんも参加されてみては、いかがでしょうか?
詳細はこちらからご覧ください。

ヤマグチ
[PR]



by matsu_bi | 2016-06-07 14:36 | 関連イベント

ロビーコンサート アートとともに 愛のハーモニーを、あなたに。

本日、4月30日(土)の15時30分より、2016年第2回目のロビーコンサートを行いました。
今回は、バリトン:佐川守正さん メゾソプラノ:佐川比美子さん
による演奏でした。

プログラムは以下のとおりです。
1.荒城の月
2.グノーのアヴェ・マリア
3.もし(「ニュー・シネマ・パラダイス」より)
4.ヴォカリーズ
5.君と旅立とう(Con Te Partiro タイム・トゥ・セイ・グッバイ)
6.すべての山に登れ(「サウンド・オブ・ミュージック」より)
7.神は答えた(「エディプス王」より)
アンコール オンブラ・マイ・フ(ラルゴ)

今日は、様々な国、時代の曲が演奏され、古今東西の美術品を収蔵している当館の雰囲気にぴったりな素晴しいコンサートでした。佐川守正、比美子夫妻の美しいハーモニーが館内に響きわたり、ロビーでお聴きになられたお客様はもちろん、展示室内でお聴きになられたお客様にとっても、作品鑑賞の良いアクセントになったのではないでしょうか。
佐川守正さん、佐川比美子さん、ならびにご来館してくださった皆様、ありがとうございました。

e0200353_1825387.jpg


次回は、7月30日(土)15:30~
武蔵野音楽大学選抜メンバー
によるクラリネットアンサンブルを予定しております。
皆様のご来館を心よりお待ちしております。

山口
[PR]



by matsu_bi | 2016-04-30 18:07 | コンサート

ロビーコンサート アートとともに 名曲にふれる-ヴァイオリン デュオ コンサート

本日、12月12日の15時30分より、本年12回目となるロビーコンサートを行いました。
今回は、
橘麻衣さん (武蔵野音楽大学研修員)
山本有莉さん(東京国際芸術協会会員)
によるヴァイオリンのデュオでした。

プログラム
1.カール・ニールセン作曲 ヴァイオリン二重奏曲第1番 イ長調
2.ジャン=マリー・ルクレール作曲 2つのヴァイオリンのための6つのソナタ 第5番 ホ短調
3.ガブリエル・フォーレ作曲 シシリエンヌ
アンコール曲 きよしこの夜

今週始めに鮮やかに染まった紅葉をバックに伸びやかなヴァイオリンのハーモニーが館内に響き渡りました。MCでは演奏曲に関する音楽史と美術史を絡めたトークをしてくださり、音楽と美術の相関性を感じられました。
演奏者の橘さん、山本さんならびにご来館してくださった皆様、ありがとうございました。

e0200353_17404332.jpg


次回は、 1月30日(土)15:30~
duo itodo (ギター:熊谷俊之さん/クラリネット:岩瀬龍太さん)
による演奏を予定しております。
皆様のご来館を心よりお待ちしております。


ヤマグチ
[PR]



by matsu_bi | 2015-12-12 17:42 | コンサート

ロビーコンサート アートとともに マリンバの響き―バッハからコンテンポラリーまで

本日、11月28日の15時30分より、本年11回目となるロビーコンサートを行いました。
今回は、長谷翔太さん (武蔵野音楽大学大学院)によるマリンバの演奏でした。

プログラム
1.  フェデリコ・モンポウ 《 コンポステラ組曲 》
2.  J.S.バッハ 《 無伴奏チェロ組曲 第6番 》
3.  早坂 文雄 《 春夫の詩に依る四つの無伴奏の歌より うぐひす 》
4.  ハロルド・アーレン(ロバート・オエトモ編) 《 虹の彼方に 》
アンコール曲マイケル・バーリット《 5つの前奏曲より 5.ダンス 》

今回は、演奏曲全てがマリンバのために作られた曲ではないという挑戦的なプログラムでした。しかし、聴いていると、とてもそのようには思えませんでした。
マリンバの音に違和感がないどころか、マリンバの特徴的な音が原曲とはまた違った良さを持った曲に変化させているように感じました。
そして、マリンバの曲はないまま、終わるかと思いきや、
最後のアンコール曲でついにマリンバの曲を演奏してくださいました。
遊びが感じられるとても面白いプログラムでした。
演奏者の長谷さんならびにご来館してくださった皆様、ありがとうございました。

e0200353_16521770.jpg


来月は、 12月12日(土)15:30~
橘麻衣さん (武蔵野音楽大学研修員)
山本有莉さん(東京国際芸術協会会員)
によるヴァイオリンのデュオを予定しております。
皆様のご来館を心よりお待ちしております。

ヤマグチ
[PR]



by matsu_bi | 2015-11-28 16:55 | コンサート

松岡美術館 公式ブログ
by matsu_bi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル