松岡美術館 ブログ

タグ:イベント ( 46 ) タグの人気記事




ロビーコンサート アートとともに 憩いの響き-管楽アンサンブル

5月とは思えないほどの強い日差しが、木々の緑に輝く30日土曜日の午後3:30から、本年5回目となるロビーコンサートを開催しました。
演奏は武蔵野音楽大学を卒業され、さらに同大学の研究科や大学院などで勉学に励んでいる選抜メンバー、
フルート 大塚さゆりさん
オーボエ 浦脇健太さん
クラリネット 土屋郁未さん
の3名による木管アンサンブル。

曲目は、モーツァルト ディヴェルティメントNO.1と今回のためにアレンジしたという四季メドレー。
「春が来た、春の小川、七夕、我は海の子、村祭り、もみじ、雪、冬景色」といった懐かしい日本の曲の数々に、思わず笑顔がほころび、リズムを取るお客様も多く、和やかな空気が会場を包みました。

円山応挙とモーツァルトの活躍した時代が同じ頃であることや、四季を感じる作品が多く展示されていることから選曲したことなども解説してくださり、コンサートのあとの鑑賞の楽しみも広がりました。
木管楽器ならではの柔らかな響きと、重なり合う音の美しさに憩いの時が流れました。
e0200353_17233122.jpg

e0200353_17264232.jpg

来月は6月28日3:30から、バリトンと弦楽器のアンサンブルを予定しています。
皆様のご来館お待ちしております。 黒川 裕子
[PR]



by matsu_bi | 2015-05-31 17:27 | コンサート

ロビーコンサート アートとともに 弦楽カルテットの調べ

新緑のまばゆい4月25日土曜日、午後3:30から、本年4回目のロビーコンサートを開催しました。
演奏は、弦楽合奏団 ENSEMBLE MINATO (アンサンブルミナト)のみなさん。
1stヴァイオリン 高橋直子さん
2ndヴァイオリン 増田良子さん
ヴィオラ 山形淳子さん
チェロ 相馬匡彦さん
といった主要メンバーの四重奏をお聴きいただきました。
曲目はモーツァルト作曲 ディヴェルティメント KV.136、アヴェ・ヴェルム・コルプス、ヴィヴァルディ作曲 四季より 「春」第3楽章 の3曲。
風にそよぐ緑や、青空に浮かぶ白い雲も、音楽に合わせて踊っているようでした。心地よい旋律は館全体を包み、清々しい時がゆったり流れて行きました。
e0200353_1164118.jpg


「指揮者を立てず、お互いの響きあう音を大切にする」という ENSEMBLE MINATO の皆さんの演奏は様々なアートとも「響きあって」想像の幅を広げるように思います。
ENSEMBLE MINATOのホームページは
http://www015.upp.so-net.ne/minato/
10月25日(日)には虎ノ門のJTホールアフィニスにて「第13回定期演奏会」が開催されます。


当館の5月のロビーコンサートは30日(土)3:30からです。演奏は武蔵野音楽大学に所属する学生さんたちの木管アンサンブルを予定しています。
どうぞお気軽にご来館ください。
黒川
[PR]



by matsu_bi | 2015-04-29 11:41 | 関連イベント

ロビーコンサート アートとともに フルートの調べ

開き始めた桜をバックに、3月28日(土)午後3:30から、本年3回目のロビーコンサートを開催しました。
演奏はフルーティストの槇本吉雄氏。今回は展示室3のヒンドゥー彫刻の一つ《踊る少年クリシュナ》にちなみ、東洋的な一曲も加えてくださいました。
プログラムは、以下のとおりです。

1 ラルゴ            G.F.ヘンデル
2 月の光            C.ドビュッシー
3「笛吹きたち」より クリシュナ A.ルーセル
4 朝の歌            E.W.エルガー
5「無伴奏フルートのための3つの小品」より 翡翠 P.O.フェルー
6 亡き王女のためのパヴァーヌ  M.ラヴェル

クリシュナはヴィシュヌ神の化身と言われる美男子の神様です。笛の名手でもあったと言われ、神様たちもその音色に陶酔したそうです。少年時代から様々な逸話が語られるクリシュナの、悪戯な姿を彷彿とさせる響きに、みなさん聴き入っていらっしゃいました。

e0200353_16474073.jpg


槇本氏は5月17日(日)広尾のMGホールでコンサートを開催されます。詳しくは槇本氏のHPをご覧下さい。http://www.h2.dion.ne.jp/~flute.ym/

今月のコンサートは4月25日(土)3:30から、弦楽合奏団 ENSEMBLE MINATOのみなさんの演奏です。新緑の庭園をバックに、ゆっくりおすごしください。皆様のご来館をお待ちしております。

黒川
[PR]



by matsu_bi | 2015-04-11 16:58 | その他

中日博物館学学術交流団の皆様がいらっしゃいました♪

本日、中日博物館学学術交流団の皆様がいらっしゃいました♪

e0200353_16121296.jpg


日本の博物館学の現状等を学ぶため、当館にいらしたそうです。

皆様、館長の解説を熱心にお聞きになっていました。

ミシマ
[PR]



by matsu_bi | 2015-03-18 16:13 | 団体

ロビーコンサート アートとともに 弦楽カルテットのひととき

e0200353_12152433.jpg

日差しも穏やかな2月28日土曜日の午後、本年2回目のロビーコンサートを開催しました。

今回の演奏は弦楽合奏団 ENSEMBLE MINATO のみなさん。2004年から港区を拠点として活動している音楽家集団の主要メンバーが、「カノン」「亡き王女の為のパヴァーヌ」「四季より『冬』第2楽章」「管弦楽組曲第3番より アリア」の4曲を演奏してくださいました。
展示室にもその美しい調べが届き、皆さん思い思いの場所で楽しんでいらっしゃいました。

今月28日(土)も3:30からコンサートを予定しています。
演奏はフルーティスト槇本吉雄さんです。
皆様のご来館お待ちしております。                            黒川

                                                              
[PR]



by matsu_bi | 2015-03-04 12:21 | 関連イベント

ミナコレぐるぐる号

先日、ミナコレぐるぐる号に乗車してきました。
全7か所の停留所があり、無料で港区のちょっとした旅を楽しめるお得なバスです!
今回は、松岡美術館に最も近い停留所の庭園美術館前から乗りました。
e0200353_182892.jpg


ほとんどの停留所では乗降時間のみで発車しますが、東京タワーにおいてだけは10分程度の停留時間があります。こんな写真を撮ることもできました045.gif
e0200353_1862420.jpg


バスは30分間隔で循環しており、最終バスは17時~18時台なので、夜景お目当てに夕方から乗車される方も多いそう。
バスの中は広告が豊富で、お目当ての美術館の詳細がすぐに分かります。また、全席優先席のためお子様やご年配の方も安心してお楽しみいただけます!
2月中の土日に運行していますので、ぜひご乗車になって当館へもお立ち寄りください003.gif

ミナコレぐるぐる号の情報はこちら

土橋
[PR]



by matsu_bi | 2015-02-14 18:09

松岡美術館 ロビーコンサート フルートの調べ

2015年、当館はおかげさまで創立40周年を迎える事ができました。
この1年間は、約8年にわたるお客様アンケートに基づき「わたしの好きなシロカネ・アート」展を展開してまいります。関連イベントとして、月に一度、土曜日の午後のひとときをアートとともに音楽をお楽しみいただくロビーコンサートの開催を予定しています。

その第一回目として、1月31日(土)午後3:30からフルート奏者 槇本吉雄さんによる
演奏をおとどけしました。
当館の庭園を背景にフルートの爽やかな音色が館内に響きわたりました。

e0200353_16253138.jpg


プログラムは以下のとおり。

1.愛の挨拶  エドワード・エルガー
2.ガヴォット  J.Sバッハ
3.タイスの瞑想曲  ジュール・マスネ
4.シランクス  クロード・ドビュッシー
5.メヌエット  ジョルジュ・ビゼー
6.エレジー  ヨハネス・ドンジョン
7.ジュ・トゥ・ヴ  エリック・サティ

コンサートの開催にあたりご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。   
今回、演奏をしてくださった槇本吉雄さんのホームページURLはこちらになります。
http://www.h2.dion.ne.jp/~flute.ym/

槇本さんの演奏は、3/28(土)午後3:30からも行われます。
曲目が新しくなり、雰囲気も変わりますので、また楽しんでいただけるかと思います。
 
今月のロビーコンサートは、2/28(土)午後3:30から行う予定です。
演奏は、弦楽合奏団ENSEMBLE MINATO(アンサンブル ミナト) のみなさんによる弦楽四重奏です。
美術と音楽のハーモニーをどうぞお気軽にお楽しみください。
(ご入館いただいたお客様はどなたでもご自由にご鑑賞いただけます。20分程の演奏ですので、座席のご用意はございません。予めご了承ください)

ミシマ
[PR]



by matsu_bi | 2015-02-08 16:28 | 最新情報・お知らせ

アートからアートしよう Vol.5 フラワーアレンジにチャレンジ


8月30日(土)11:00から 2014年のワークショップを行いました。
今年も、現在展示中のエコール・ド・パリの画家たちの絵、特に、ヴァルタ、キスリング、デスパニャ、ビュッフェなどの花の絵をじっくり鑑賞した後に、生花でのフラワーアレンジメントを楽しみました。
大人だけの会になりましたので、花材も少し大人っぽく、秋の気配漂うものを選びました。
アレンジは初めてという方も素敵な作品ができました。

美術鑑賞のあとのアレンジ制作、普段とは違うイメージができあがるのかもしれません。

これからも、ワークショップなどイベントのお知らせはホームページにてご案内致しますので、よろしくお願い致します。

暑い中、ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。     黒川                         
e0200353_1557668.jpg
               
[PR]



by matsu_bi | 2014-09-11 16:00 | ワークショップ

7/26(土)ロビーコンサート Vol.2  モンパルナスのアーティストたち

 去る7月26日(土)午後5:30から 松岡美術館 ロビーコンサートVol.2「 モンパルナスのアーティストたち―LES SIX(フランス6人組)の曲を中心に 管楽アンサンブルとトークの夕べ」を開催しました。
演奏は武蔵野音楽大学を代表して、各地で公演を行っている若き精鋭たち。この日も猛暑ではありましたが、庭の緑をバックに、軽やかなパリの風薫る、20世紀初頭の音楽をお楽しみいただきました。

現在開催中の「松岡清次郎生誕120年 巴里をいのちを 謳歌しよう」では20世紀初頭に活躍したエコール・ド・パリの画家たちの作品を中心にご紹介していますが、この時代は音楽の世界でも若き気鋭の作曲家たちが、新しい扉を開き始めていたのです。第1部と第2部の間に、美術史家であり、武蔵野音楽大学の講師でもある熊澤弘先生に、絵画を鑑賞しながら、20世紀初頭のパリ画壇と音楽の関係などについてお話していただきました。

演奏されたのはジョルジュ・オーリックの「オーボエ・クラリネット・ファゴットの三重奏」に始まり、アルテュール・オネゲル「牝山羊の踊り」、フランシス・プーランク「ホルン・トランペットとトロンボーンのためのソナタ」、ダリウス・ミヨー「ルネ王の炉辺」、ジャック・イベール「木管五重奏のための3つの小品」まで、全5曲。日本では演奏される機会の少ない曲だけに、みなさん堪能されていました。

お客様のアンケートでも「美術と音楽のコラボレーションが良かった」というご意見を多数いただきました。
これからも、松岡美術館ならではのコラボレーション企画を心がけたいと思います。

本年のロビーコンサートは、企画・運営の実務を、アートマネジメントを専門とする武蔵野音楽大学音楽環境運営学科の先生方、学生の方々とともに取り組んでいきました。美術館という社会教育機関と、大学という教育機関のコラボレーションによって、大きな成果を得られたと考えています。コンサート当日も、ご協力いただいた武蔵野音楽大学の学生の皆さま、先生方、本当にありがとうございました。                            黒川
e0200353_17395659.jpg

[PR]



by matsu_bi | 2014-08-16 17:45 | 関連イベント

ミナコレ

本日よりミナコレ2014年夏イベントがはじまりました(^∀^)

e0200353_1585286.jpg


期間中、区内の美術館や博物館26館を巡るスタンプラリーを実施しています。
スタンプを3個以上集めると、オリジナルグッズがもらえます♪

e0200353_15165582.jpg


期間:7月19日(土)~8月31日(日)

ぜひご参加くださいませ(^∀^)

[PR]



by matsu_bi | 2014-07-19 15:30 | 最新情報・お知らせ

松岡美術館 公式ブログ
by matsu_bi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧