松岡美術館 ブログ

タグ:イベント ( 51 ) タグの人気記事




美術講座 展覧会に行こう!

8月20日(火)赤坂区民センターにて出張講座を行います(^∀^)

只今開催中の「松岡コレクション 印象派とその時代」をより楽しんで頂くために
当館学芸員の黒川がお話をいたします。

既に締め切りは過ぎているのですが、定員にまだ余裕がございますので
どうぞご応募くださいませ!

【日 時】8/20(火)18:30~20:00
【対 象】港区在住・在勤・在学者および倶楽部Kissポート会員
【定 員】60人(抽せん)
【費 用】700円
※講座の当日に本展覧会の入場券を1枚お渡しします。
【申込み・問合せ】
      ハガキまたはFAXに、
       1.郵便番号・住所
       2.氏名(フリガナ)
       3.電話番号
       4.在勤者は会社名・所在地(在学者は学校名)
       5.倶楽部会員は会員番号
      を明記のうえ、
      〒107-0052 港区赤坂4-18-13
      Kissポート財団 事業課「美術講座」係まで。
      TEL.03(5770)6837 FAX.03(5770)6884

港区イベント情報サイトKissポートにも掲載されておりますのでご覧くださいませ♪ 
[PR]



by matsu_bi | 2013-07-30 16:13 | 最新情報・お知らせ

港区ミュージアムセミナー開催のお知らせ

きたる6月15日(土)14時から、港区三田図書館で「松岡美術館~ワンアンドオンリーを目指して」と題した出張講座を行います。
今回は作品解説がメインではなく、創立者の人となりと美術館の特色を中心にお話しする予定です。
港区民以外の方もご自由にご参加できますので、是非お越しください040.gif

詳細はこちら

(松岡)
[PR]



by matsu_bi | 2013-06-07 15:33 | 広報活動

撮影

本日早朝、港区広報番組「港区広報トピックス」の撮影が行われました(^∀^)


大理石でできた館内は、外にいるかのように冷えていましたが、
とても元気にいらしたスタッフのみなさんのお陰で、あっという間に
ポカポカになり、楽しく撮影することができました♪


e0200353_1332194.jpg


港区広報トピックスとは・・・・・
区民の皆様に役立つ様々な情報と、活き活きとした区民の皆様の姿を御紹介する
「暮らしに役立つ情報番組」として平成17年度よりスタートした港区役所の広報番組です

e0200353_13323072.jpg
e0200353_13323150.jpg



詳細はコチラ

港区広報番組「港区広報トピックス」
JCNプラスチャンネル(ケーブルテレビ)
港区限定の地域情報チャンネル(111CH)

≪放送日≫ 2013年2月1日〜2月10日
毎日 10時~ 13時~ 15時~ 17時~ 21時~(1日5回放送)
※ 放送日の10日後から港区のホームページ内で1年間の動画公開があります
2012年の動画配信ページはこちら↓↓↓
http://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/kuse/koho/bangumi/topics/2012/index.html



ぜひご覧くださいませ(^∀^)






(ユアサ)
[PR]



by matsu_bi | 2013-01-19 14:25 | 最新情報・お知らせ

2月限定の特典

2月22日が猫の日と知っていましたか(^∀^)

当館では、その日にちなんだ企画を下記の通り2つ実施します


2月限定企画

●ポストカード1枚プレゼント(※先着300名様)
猫のもよう、小物・ストラップなどを身につけて来館された方に!
※入館時にお申し出下さい

こちらを1枚!
e0200353_156188.jpg
《聖猫頭部》 ブロンズ エジプト末期王朝時代


●にゃんにゃんクルーズ(※小学生対象無料)
ねこに関するクイズに答えながら館内を探索!




みなさま
ぜひこの機会にお越しくださいませ(^∀^)




(ユアサ)
[PR]



by matsu_bi | 2013-01-13 15:23 | 最新情報・お知らせ

2012MMOAワークショップ

新聞紙を使っておしゃれなぼうしを作ろう!
 今年のワークショップは、新聞紙を使った帽子作りに、親子でチャレンジしていただきました。
 初めに展示室で、マリー・ローランサンの帽子をかぶった少女や女性の絵を鑑賞。おしゃれな帽子のイメージをふくらませて、いよいよ製作!
 お父さんやお母さんと力を合わせ・・・
e0200353_17344110.jpg
 
e0200353_17483887.jpg


とっても素敵な帽子が出来上がりました。
e0200353_17411995.jpg



みなさん、さっそくかぶってお帰りになられました。
夏休み中は、小学生、中学生向けにクイズも実施しています。こちらもぜひ、親子で挑戦して下さい。

ワークショップは、明日もありますよ!     (P)
[PR]



by matsu_bi | 2012-07-28 17:49 | ワークショップ

「女性美」イベント


 「大和撫子の粋、しぐさの美 PART2」
 大変報告が遅くなりましたが…4月8日(日)満開の桜の下、第2回目の「大和撫子の粋、しぐさの美」イベントが行われました。
e0200353_1738746.jpg

 講師と舞は前回同様、花崎杜季女先生とお弟子さんである花崎杜季紅さん。唄と三絃は、海外公演や津軽三味線演奏家の方とのコラボで活躍されている、菊千満千賀(きくちまちが)さんが担当して下さいました。舞は「黒髪」。千賀さんは「新娘道成寺」も聴かせて下さいました。
e0200353_17382494.jpg

 暮れゆく空に霞む満開のソメイヨシノは、ときおり風に舞い、優美な地唄舞の世界に文字どおり花を添えてくれました。
 実は当館の古木の桜、6本の内3本は本年が見おさめ。既に樹齢90年近くなっていると思われ、傷みが激しく「女性美」展終了後に伐採しました。この桜にとっても、今回のイベントは良い思い出になってくれたでしょうか。毎年、眼も心も楽しませてくれた桜たちに、改めて感謝したい気持ちです。
 さて、イベントは今回も、男性3名を含む大勢のお客さまをお迎えし(20代から60代まで、年齢層も幅広く!)地唄舞鑑賞の第一部と、しぐさのレクチャーの第二部という構成で持たれました。静と動。かたくなっていた身体をほぐしつつ、体幹を意識して、「しぐさの美」を学びました。
e0200353_17385170.jpg

 2週に渡ってお届けしたイベント、ご参加下さった皆様には改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。今後も、ロビーでお楽しみいただけるイベントを企画していきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。(黒川)
[PR]



by matsu_bi | 2012-04-27 17:42 | 関連イベント

「女性美」イベント 「大和撫子の粋、しぐさの美」

 4月1日(日)17:30から地唄舞の鑑賞と、日本女性ならではの「しぐさ」について学ぶというイベント「大和撫子の粋、しぐさの美」が行われました。
 庭の桜がようやく、ちらほらと開き、舞と三絃に趣を添えてくれました。
e0200353_17495057.jpg


 講師は花崎流家元であり、地唄舞普及協会の代表でもある花崎杜季女(はなさきときじょ)先生。初めに、地唄舞の歴史と、舞「黒髪」についての解説をして下さいました。この日の唄と三絃は当堂音楽会理事であり、奈良、大阪をはじめ海外でも古典地歌ライブやリサイタルを行われている菊聖公一(きくせいこういち)さんが担当して下さいました。舞は花崎流名取の花崎杜季紅(はなさきときく)さん。
e0200353_17503567.jpg

 徐々に暮れてゆく庭をバックに、三絃の響きと、のびやかな菊聖さんの唄声、しっとりと優雅な舞・・・しばし、あわただしい日常を忘れ「お座敷」にいるような時間を味わうことができました。菊聖さんは「浪花十二月」も聴かせて下さいました。
e0200353_1751797.jpg

 15分ほどの休憩をはさみ、場所を展示室に移し、美人画を見ながら「美しいしぐさ」のレクチャー。手をあげるとき、振り返る時、立ち上がる時・・・など、皆さんのしぐさが、少しづつ変わってゆく様子が、後ろから拝見していてよくわかりました。先生のユーモアを交えたレクチャーに、ぎこちなくも、自然と体が動いてしまいます。
明日から皆さん素敵な「大和撫子」に変身!かもしれません。(男性も熱心に参加されていました。)
e0200353_17514112.jpg

 和気あいあいと、静と動のひととき。4月8日(日)のイベントはまだ余裕がございます。
気軽にお楽しみいただける「古典芸能」と「女性美」のコラボレーションご入館料込¥3000で承っております。8日には桜も満開、花吹雪かもしれません。この機会をどうぞお見逃しなく!! イベント参加のお申し込みは03-5449-0251 松岡美術館イベント担当黒川までお願いいたします。定員になり次第締め切ります。お早めにどうぞ!

詳細はこちらから
「大和撫子の粋、しぐさの美」


(黒川)
[PR]



by matsu_bi | 2012-04-03 18:02 | 関連イベント

つまさきフェチ!?

 只今開催中の女性美 The Beauties He Loved
2階展示室5 は2月28日から一部展示がかわり、
鏑木清方、伊東深水、上村松園、伊藤小坡、菊池契月、橋本明治による美しいひとびとが、
江戸時代の美女たちに替わって、皆さまのお越しをお待ちしています。

 その中から、一人と一匹をちらりとご紹介しましょう016.gif
e0200353_21535555.jpg

 繊細な筆づかいで描かれた白い足もと。紅白の鼻緒が心地よく素足になじむ感触が、
伝わってきませんか?親指と人差し指の間がちょっとむずむずしたりして(笑)
 お供のわんこは、後ろ脚がすんなり伸びたスマートさんです。

 この麗しいつまさき&後ろ脚の持ち主は、誰でしょう? 
    答えは 女性美 関連イベントのご案内左上をご覧ください。
    ちなみに、4月8日(日)は今からでもお申込み可能です!        (Terajima)
[PR]



by matsu_bi | 2012-03-29 10:00 | 企画展について

「遥かなる時代―物語の絵画」展■関連イベント『朗読の夕べ』第2回

11月12日(土)17時30分より展示室5「遥かなる時代(とき)ー物語の絵画」のイベントとして、第2回目の「朗読の夕べ」が催されました。
e0200353_1040146.jpg

 当日は穏やかで暖かく、夕方からの美術鑑賞に快適な日和となりました。
六曲一双の源平合戦図屏風の前で渡辺多寿子さんによる朗読と語りがあり、
演目は「祇王と仏御前」、「壇ノ浦の平氏滅亡」でした。今回も最後に、内容の雰囲気に合ったシャンソンを2曲お聞かせ下さり、余韻をのこしつつ終了しました。
 来年の展示でも4月にイベントがありますので、皆様のご参加をお待ちしております。(Λ)
[PR]



by matsu_bi | 2011-11-13 11:09 | 関連イベント

「わたしの大きさのわたし」が描けました

すごいです!子どもたちの集中力。
 7月27日のワークショップには6名の子どもたちが参加してくれました。
e0200353_15592743.jpg


 3:30までの予定を上回ってしまいましたが、立派な「わたしの大きさのわたし」が描けました。スタイルも洋服もさまざま。鏡を見ているわけでもないのに、なんとなく自分に似ているのが不思議。素晴しいパワーで、ダイナミックに描き上げてくれました。
e0200353_15594684.jpg


 次回は8月3日です。まだ間に合います。お電話下さい。まだ幼稚園だから、と、ご遠慮なさらずにご相談下さい。子どもたちの、新たな才能に出会えますよ。(P)
[PR]



by matsu_bi | 2011-07-30 16:00 | ワークショップ

松岡美術館 公式ブログ
by matsu_bi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル