松岡美術館 ブログ

タグ:企画展 ( 16 ) タグの人気記事




鎌倉秀雄先生

去る3月14日、日本美術院同人で業務執行理事の鎌倉秀雄先生が逝去されました。享年86歳。

現在展示室6で開催中の「松岡清次郎が愛した画家たち 鎌倉秀雄・小笠原光・林美枝子・今井ロヂン」に、鎌倉先生の当館所蔵の全6作品を展示しています。

1979年から1988年にかけての院展出品作で、豪奢なインドの女性像や壮麗なエジプトの王妃、そして奈良興福寺の仏像などが、いずれも120号を超える大画面に描かれています。
e0200353_19232537.jpg
e0200353_20070196.jpg
1979年 再興第64回院展 《粧》 奨励賞
 
展示が始まって間もない1月28日、先生が奥さまとご一緒に来館された折に「旅行も飛行機も大の苦手だけれど、意を決して行きました。」とインド・エジプト取材時のご苦労をうかがい、また、お寄せ下さった幼少期に患っていた喘息と絵を描く喜びを綴ったコラム『少年期の私』は、「本邦初公開のお話しです。」と笑顔で教えてくださいました。
展示室では、このほかにも先生にご執筆いただいた各作品の思い出を紹介しております。

かつて新橋にあった当館に何度かスケッチにおいでになった頃のことをお尋ねすると、
「松岡清次郎館長と私は性格はまったく違うけれど、なぜかウマが合ったんですよ」と、懐かしそうに目を細めておいででした。
今回の展示をとても喜んで下さり、「また来ます。」とお帰りになったのが先生とのお別れになってしまうとは、そのときは思いもよらぬことでした。
e0200353_20144482.jpg
1981年 再興第66回院展 《追想王妃の谷》 二度目の日本美術院賞(大観賞)に輝き、同人推挙となった作品。2017年1月28日 当館展示室6にて。

先日、展示室5「美しい人びと」で展示中の《竪琴》作者 松室加世子先生がおみえになったとき、《竪琴》制作にまつわる鎌倉先生の思い出を話しくださいました。
はじめ竪琴の絃は金泥で描いていたけれど、切金(きりかね:金箔を細く切って貼り付ける技法)を使ったのは鎌倉先生から勧められて、とのこと。びっくりするとともに、同じ安田靫彦門下の日本画家同士、こんな交流をされていたのか、とたいへん興味深く拝聴しました。

院展のホームページでは、「わたしの画歴」と題して鎌倉先生が安田靫彦先生に入門された経緯を語られています。リンクはこちらです。
代表作 1987年 再興第72回院展 《阿修羅》 などの画像も紹介されています。因みに、松岡は《阿修羅》を取得したかったらしい、とは鎌倉先生に以前うかがったお話。文部大臣賞を受賞したこの作品は、現在、東京国立近代美術館の所蔵となっています。

鎌倉先生、素晴らしい作品の数々をありがとうございました。そして先生の画業を支えていらした奥さまと共に、当館の展示へ多大なご協力を賜りましたこと、ここに厚くお礼申し上げます。 

鎌倉先生が50代の頃に取り組んだ大作6点を展示しております。会期は5月14日(日)まで。皆さまのお越しを心よりお待ちしております。 (寺島)

[PR]



by matsu_bi | 2017-05-10 10:00 | 企画展について

松室加世子先生のご来館

5月4日(木・祝)「美しい人びと」で展示中の《竪琴》を描かれた、松室加世子先生がご来館下さいました。松室先生、ご多用中のところお運びいただきどうもありがとうございました。

e0200353_19543714.jpg

松室先生よりうかがった、制作当時の思い出をご紹介いたします。

《竪琴》には桃山時代の女性を描きましたが、安田靫彦先生、羽石光志先生(共に歴史画で名高い院展作家) について学んでおりましたので、やはり歴史画を描こう、との想いからの制作でした。

歴史画と申しましても、歴史的な事件や事実を描くのではなく、自分の中でいろいろと空想を広げて表現いたしました。

当時、桃山時代にとても親しみを感じており、信仰に命を捧げるキリシタンの人びとに興味をおぼえて、こうした絵画ばかり描いておりました。

e0200353_19541204.jpg

松室先生のお言葉のとおり、《竪琴》の遠景には尖塔に十字架が見えています。イタリアの教会をモティーフに、舞台もイタリアを想定されていたとのこと。そして現在は展示しておりませんが、当館には先生の作品がもう一作、明智光秀の三女でキリシタンとして有名な細川ガラシャを描いた《燭光》も所蔵しております。こちらは《竪琴》の翌年に制作されました。

「美しい人びと」も会期終了の5月14日(日)が近づいてまいりました。
展示室で竪琴を奏でる桃山時代の美しい人に会いにいらっしゃいませんか?皆さまのご来館を心よりお待ちしております。 (寺島)

[PR]



by matsu_bi | 2017-05-05 10:00 | 最新情報・お知らせ

鎌倉秀雄先生のご来館

本日、鎌倉秀雄先生がお見えになられました。
現在、展示室6には鎌倉先生の作品が、計6点出展されています。
写真は、先生の作品《追想王妃の谷》の前で撮影したものです。

e0200353_15425946.jpg




















《追想王妃の谷》 1981年 紙本着色

作品の制作意図や作家仲間のお話など、貴重なお話をいただきました。
お忙しいところご来館くださり、また撮影のご協力もいただき、誠にありがとうございました。


ミシマ
[PR]



by matsu_bi | 2017-01-28 15:58 | 最新情報・お知らせ

岩田満穂先生 ご来館

展示室5で出展中の《M乳業の弁明と嘘》を制作された
岩田満穂先生が本日お見えになりました。

e0200353_15314397.jpg

岩田満穂 《M乳業の弁明と嘘》 1973年 油彩・カンヴァス

お忙しいところご来館くださり、また撮影までご協力いただきました。

#ミシマ
[PR]



by matsu_bi | 2016-10-05 15:56 | 館内情報

小林武雄先生ご来館

e0200353_16103787.jpg



只今展示室5で出展中の《帰鷺》を制作された
小林武雄先生(御歳89歳)が本日当館にお見えになりました。

先生は《帰鷺》と対面して、
「筆のタッチや茶色の色の深さをみていると、当時(昭和47年)は
いきいきしていた。まるで嫁に行った娘にあったような感覚です。」
としみじみとおっしゃっていました。

《帰鷺》は小林先生の地元千葉県野田市で制作されて、
その時は今よりも杉林や鷺が多かったそうです。


「わたしの好きなシロカネ・アート展 Vol.3 もう一度会いたい、
松岡コレクション」
9月26日(土)迄です。




                          
(小林)

[PR]



by matsu_bi | 2015-09-11 16:00 | その他

プレゼント実施中

創立40周年記念の企画展「わたしの好きなシロカネ・アート」では、約8年間にわたって行われた人気投票の結果を発表しています。
e0200353_14284641.jpg

1位は皆様の大好きなあの…


そして展示室6にはちょっとしたプレゼントも(^^)
e0200353_14352670.jpg



ご来館を心よりお待ちしております040.gif

(松岡)
[PR]



by matsu_bi | 2015-01-28 14:38 | 企画展について

7/26(土)ロビーコンサート Vol.2  モンパルナスのアーティストたち

 去る7月26日(土)午後5:30から 松岡美術館 ロビーコンサートVol.2「 モンパルナスのアーティストたち―LES SIX(フランス6人組)の曲を中心に 管楽アンサンブルとトークの夕べ」を開催しました。
演奏は武蔵野音楽大学を代表して、各地で公演を行っている若き精鋭たち。この日も猛暑ではありましたが、庭の緑をバックに、軽やかなパリの風薫る、20世紀初頭の音楽をお楽しみいただきました。

現在開催中の「松岡清次郎生誕120年 巴里をいのちを 謳歌しよう」では20世紀初頭に活躍したエコール・ド・パリの画家たちの作品を中心にご紹介していますが、この時代は音楽の世界でも若き気鋭の作曲家たちが、新しい扉を開き始めていたのです。第1部と第2部の間に、美術史家であり、武蔵野音楽大学の講師でもある熊澤弘先生に、絵画を鑑賞しながら、20世紀初頭のパリ画壇と音楽の関係などについてお話していただきました。

演奏されたのはジョルジュ・オーリックの「オーボエ・クラリネット・ファゴットの三重奏」に始まり、アルテュール・オネゲル「牝山羊の踊り」、フランシス・プーランク「ホルン・トランペットとトロンボーンのためのソナタ」、ダリウス・ミヨー「ルネ王の炉辺」、ジャック・イベール「木管五重奏のための3つの小品」まで、全5曲。日本では演奏される機会の少ない曲だけに、みなさん堪能されていました。

お客様のアンケートでも「美術と音楽のコラボレーションが良かった」というご意見を多数いただきました。
これからも、松岡美術館ならではのコラボレーション企画を心がけたいと思います。

本年のロビーコンサートは、企画・運営の実務を、アートマネジメントを専門とする武蔵野音楽大学音楽環境運営学科の先生方、学生の方々とともに取り組んでいきました。美術館という社会教育機関と、大学という教育機関のコラボレーションによって、大きな成果を得られたと考えています。コンサート当日も、ご協力いただいた武蔵野音楽大学の学生の皆さま、先生方、本当にありがとうございました。                            黒川
e0200353_17395659.jpg

[PR]



by matsu_bi | 2014-08-16 17:45 | 関連イベント

松岡清次郎生誕120年 巴里を いのちを 謳歌しよう


4月20日(日)から9月28日(日)まで下記の展覧会を開催いたします(^∀^)




e0200353_1975497.jpg


2階展示室4、5、6

展示室4 中国陶磁 いきもの賛歌
2014年の干支は午。当館には午年生まれの松岡が気に入って求めた馬の作品が数多く収蔵されており、本展では生命感あふれ、造形美豊かな「三彩馬」も出品します。


展示室5、6 巴里につどう星たち―いのちの賛歌
モディリアーニ、ピカソ、キスリング、藤田、シャガール・・・20世紀の巴里を彩った異邦人画家たち。彼らが活躍したころのパリでは、ローランサン、ヴラマンク、デュフィ、ユトリロなどこの街に生まれ育った画家たちもまた、個性的で豊かな才能を発揮しました。決して穏やかではなかったこの時代にあって、彼らも自らの芸術に情熱をかけ、いのちを謳歌していたのではないでしょうか。コレクター松岡清次郎と同時代に生き、松岡の心に響いた画家たちの、多彩な作品をご覧いただきます。


ぜひお越しくださいませ(^∀^)

[PR]



by matsu_bi | 2014-04-15 19:49 | 企画展について

理想郷

明日より4月13日(日)まで「松岡コレクション 理想郷」を開催いたします(^∀^)


e0200353_1140589.jpg



太古の昔から、人々が様々な願いを込めて、あらゆる工芸や絵画の上に表現してきた想像の世界。日常とは異なる理想郷を松岡コレクションよりご覧いただきます。


出品数約70件(青銅器、金銅仏、鏡、陶磁器、画冊、絵画)

出品作家
通期:横山操、麻田鷹司、小松均、池田遙邨、山下新太郎、山口蓬春、川瀬竹春、周文、橋本雅邦
渋谷佳代、伊藤深水、高橋研一郎、竹内邦夫、橋本龍美、中島千波、堀川公子、西村愿定、張崟、張宏、沈顥
前期:平福百穂、田能村直入、貫名海屋、吉川霊華、前田青邨、椿椿山、荒木寛畝、松村景文、下村観山
後期:野口小蘋、川合玉堂、岡田半江、寺崎廣業、野口幽谷、狩野常信、滝和亭、岡本秋暉、宇田荻邨、横山大観、文徴明、曹澗 

※予告なく変更する場合がございますので予めご了承ください



みなさまのお越しを心よりお待ちしております。
[PR]



by matsu_bi | 2014-01-07 16:43 | 最新情報・お知らせ

向島百花園の句碑

 11月17日(日)まで展示の 蹄斎北馬《三都美人図》三幅対 は、江戸・京都・大阪の三人の美人が描かれていますが、右幅 江戸美人の背後に一基の石碑が見えています。文化11年(1814)に建立された句碑で、俳句は千樹菴益賀による「鳥の名の都となりぬ梅やしき」、書は江戸琳派の絵師酒井抱一によるもの。

e0200353_23291315.jpg


 描かれている場所は向島百花園
この句碑は入口の門をくぐったところに現在も建っています。画像の右は今年の3月、まだ梅が残る頃に訪問した時に撮った写真。コンクリートで土台が補強してありましたが、ほぼこの絵と同じ姿です。北馬が抱一の筆跡を上手に写していて感心してしまいました。

 開園当時は梅の花が評判で、梅の名所として知られていた亀戸の梅屋敷に対して、こちらは新梅屋敷と呼ばれたようです。(寺島)
[PR]



by matsu_bi | 2013-11-09 15:00 | 企画展について

松岡美術館 公式ブログ
by matsu_bi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧