松岡美術館 ブログ

タグ:博物館実習 ( 3 ) タグの人気記事




博物館実習

今日は上智大学の博物館実習が当館で行われ
31名の学生がいらっしゃいました。

創立者松岡清次郎と所蔵品の概要、当館で現在取り組んでいることとその経緯、企画展などについて当館の特色を館長松岡治がお話しました。
次に、上智大学出身で今年度四月に入社した土橋が後輩に向け、
美術品の価値、松岡美術館に数ヶ月勤めてという二つのテーマでお話しました。


質疑応答では、

他館に資料の貸し出しはしているのか
憩いの場を守るために来客者を減らす施策を講じたのに、このような実習を受け入れては方針に反するのではないか

といった質問があり館長松岡治が応答いたしました。

講義中の熱心な態度には先輩である土橋も感心していました。

講義後の自由見学では、講義を踏まえ展示を様々な方向から見れたのではないかと思います。
この実習が学生のみなさんの糧になれば幸いです。

学生のみなさん、実習お疲れ様でした!


e0200353_15455385.jpg


e0200353_15465667.jpg



(ヤマグチ)
[PR]



by matsu_bi | 2015-06-25 16:11 | 学生

博物館実習(見学)

上智大学学芸員課程の47名の学生が、本日当館にいらっしゃいました。

AグループとBグループにわかれ、「館内見学」と「講義」を行いました。館内見学では、美術品の前に立って熱心にメモをとっている学生の方もおり、非常に感心しました。講義では、創立者である松岡清次郎についてや多岐にわたるコレクション、企画展や来館者サービス、こぼれ話など、当館ならではの特徴を館長代理 松岡治がお話しました。講義終了後の質疑応答では、学生ならではの視点でさまざまな質問が寄せられました。非常に数多くの質問が寄せられたため、すべての質問を記載はできないのですが、いくつかの質問をピックアップしておきます。

①松岡清次郎とはどのような人であったのか?
②所蔵品をすべて展示するのには何年かかるのか?
③収蔵品の貸し出しは行っているのか?
④なぜ床の間に洋画が展示しているのか?
⑤ワークショップを行っているのか、またイベントなどはあるのか?
⑥QRコードが使用できないお客様にはどのように対応するのか?
⑦今後の美術館の方向性はどうしていくのか?

e0200353_17312714.jpg

講義中の様子です。みなさんとても真剣に耳を傾けていました。

当館の見学を通して、何かひとつでも自分の糧になるようなものを持ち帰っていただけたのなら幸いです。
[PR]



by matsu_bi | 2014-06-26 17:48 | 学生

博物館実習

上智大学の博物館実習が当館で行われ
60名の学生がいらっしゃいました。

創立者松岡清次郎と所蔵品の概要、企画展などについて当館の特色を
館長代理松岡治がお話しました。

e0200353_1028363.jpg

質疑応答では

・買い足す予定があるのか
・所蔵品を全部展示するのは何年かかるのか
・最適な湿度がそれぞれ異なる作品の湿度管理はどうするのか
・現代彫刻の重さは
・重いものを展示している部屋は普通の床とどのように違うのか
・美術館への就職の仕方
・集客数に対する意識は

などたくさんの質問があり

見学では

展示室から一度出てきて、もう一度入ったりと


みなさん熱心で感激しました(^∀^)






(ユアサ)
[PR]



by matsu_bi | 2011-05-20 11:42 | 学芸関係

松岡美術館 公式ブログ
by matsu_bi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル