松岡美術館 ブログ

タグ:学生 ( 8 ) タグの人気記事




スクールプログラム「アーティストの1日学校訪問」@港区立笄小学校

先日、港区立笄小学校の図工教諭である江原先生にお招きいただき、笄小学校で行われた5年生の図工の授業に参加してきました。

講師は淺井裕介さん。
身の回りの素材を用いて、キャンバスに限らず角砂糖の包み紙などへのドローイング、泥や白線を使った巨大な壁画や地上絵のシリーズまで、あらゆる場所と共に奔放に絵画を制作するアーティストです。

今回の授業は様々な土地の土を使って、先生方や現代美術館の方々が貼り合わせた大きな不織布にみんなでひとつの絵を描こうというものでした。
そこで、当館もお庭の土を提供しました。
他には海外の土や○○さん家のお庭の土など、様々な土が集められていました。

授業が始まると、淺井さんが二枚の大きな不織布の中央に、一枚には鳥を、もう一枚にはおおかみのような獣を描きました。
これから、この動物の周りにみんなで森を作るということでした。
森作りは丸を描くことから始まりました。最初は1つ、次は丸を2つつなげたもの、次は3つ、次は4つ。
丸を描くだけでも、まん丸だったり楕円だったりと十人十色みんな少しずつ違っており、個性が見えて面白いものですね。
それから、丸から木を生やし、枝と葉を描きました。そして、根の部分にはなんと、動物を描きました。
淺井さん曰く、「土で描いているんだから、根が動物の形でもおかしくないでしょ」、とのことでした。
この絵にみんなで植物や動物に色をつけたり、空に星を散りばめたりして装飾していきました。
e0200353_16104772.jpg
完成したものが、こちら!
e0200353_16140479.jpg
こんなに素晴しい大作が出来上がりました!
そして、この絵を笄小学校の校舎の外壁に展示するとのことで、拝見してきました。
しかし残念なことに、鳥の絵は鳥が描かれていたからか強風に乗って飛んでいって(破れて)しまったそうで、獣の絵だけの展示でした。
e0200353_16144684.jpg
素材とテーマの影響か外で見るほうがしっくりきます。さらに、この場所は学校の敷地外からも見えるので、近隣の方の目にも触れます。自分たちが作った作品を先生や現代美術館の方々の協力のもと展示してもらい色んな人に見てもらうということは、単に技能や知識の習得だけでなく自分を取り巻く環境についても学べ、子どもたちにとって良い経験になるだろうと感じました。そして、なによりプロのアーティストである淺井さんとともに創作したことは、子どもたちみんなが持っているアートの才能、感性を引き出すきっかけになるでしょう。
そして、当館も近隣の学校と連携し、地域の子どもたちが美と出会う場を提供していきたいと思います。

最後に......淺井さんの個展「この本に描く」が2月5日(日)まで恵比寿のNADiff a/p/a/r/tで開催中です!
個展の詳細はこちら

山口


[PR]



by matsu_bi | 2017-01-25 16:52 | その他

國學院大學 学芸員課程 特別講義

昨日7月16日、國學院大學にて、学芸員課程の学生に対して、
「プライベートミュージアムのレーゾンデートル~松岡美術館の場合~」と題した特別講義を行ないました。
e0200353_15125271.jpg

e0200353_13435058.jpg

館長の松岡から創業者松岡清次郎と美術館について、
学芸員の山口から松岡美術館の学芸員の業務について、お話させていただきました。
プライベートミュージアムのレーゾンデートルということで、当館の独特なところなどを、管理側と実務側の両側面からご紹介したつもりです。
e0200353_1581413.jpg


質疑応答では、年間の来館者数や出陳作品数、当館のツイッターについてなど、多数の質問が寄せられました。
少しでも学生の皆様にとって、糧になっていれば幸いです。
13時から17時までと長丁場の講義でしたが、学生の皆様、お疲れ様でした。

今回、お声がけいただいた青木先生、また博物館学研究室の皆様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

(ヤマグチ)
[PR]



by matsu_bi | 2016-07-17 15:35 | 出張講座

上智大学学芸員課程 博物館実習(見学)

本日、上智大学学芸員課程 博物館実習(見学)の授業が、当館館内で行われました。
館長の松岡と、上智大学出身で先輩にあたる企画・販売担当の土橋が講義を行いました。
創立者である松岡清次郎の紹介や主な所蔵作品、企画展や来館者サービス、職員の業務内容等を中心にお話しました。また、質疑応答の時間では、さまざまな質問が寄せられました。

以下、質問の一部を紹介します。
1)外国人来場者の割合について。
2)西洋画作品の出品サイクルについて。
3)学芸員課程の授業で、今の仕事に役立つものは。
4)(土橋に対して)どういった経緯で就職したのか。

積極的な質問から学ぶ意欲が感じられ、真剣に講義に参加するその姿勢に感心しました。

e0200353_15595650.jpg


当館での講義と見学を通し、何かひとつでも身になるものを持ち帰っていただけたら幸いです。

(ミシマ)
[PR]



by matsu_bi | 2016-06-16 16:09 | 学生

博物館実習

今日は上智大学の博物館実習が当館で行われ
31名の学生がいらっしゃいました。

創立者松岡清次郎と所蔵品の概要、当館で現在取り組んでいることとその経緯、企画展などについて当館の特色を館長松岡治がお話しました。
次に、上智大学出身で今年度四月に入社した土橋が後輩に向け、
美術品の価値、松岡美術館に数ヶ月勤めてという二つのテーマでお話しました。


質疑応答では、

他館に資料の貸し出しはしているのか
憩いの場を守るために来客者を減らす施策を講じたのに、このような実習を受け入れては方針に反するのではないか

といった質問があり館長松岡治が応答いたしました。

講義中の熱心な態度には先輩である土橋も感心していました。

講義後の自由見学では、講義を踏まえ展示を様々な方向から見れたのではないかと思います。
この実習が学生のみなさんの糧になれば幸いです。

学生のみなさん、実習お疲れ様でした!


e0200353_15455385.jpg


e0200353_15465667.jpg



(ヤマグチ)
[PR]



by matsu_bi | 2015-06-25 16:11 | 学生

ロビーコンサート アートとともに 憩いの響き-管楽アンサンブル

5月とは思えないほどの強い日差しが、木々の緑に輝く30日土曜日の午後3:30から、本年5回目となるロビーコンサートを開催しました。
演奏は武蔵野音楽大学を卒業され、さらに同大学の研究科や大学院などで勉学に励んでいる選抜メンバー、
フルート 大塚さゆりさん
オーボエ 浦脇健太さん
クラリネット 土屋郁未さん
の3名による木管アンサンブル。

曲目は、モーツァルト ディヴェルティメントNO.1と今回のためにアレンジしたという四季メドレー。
「春が来た、春の小川、七夕、我は海の子、村祭り、もみじ、雪、冬景色」といった懐かしい日本の曲の数々に、思わず笑顔がほころび、リズムを取るお客様も多く、和やかな空気が会場を包みました。

円山応挙とモーツァルトの活躍した時代が同じ頃であることや、四季を感じる作品が多く展示されていることから選曲したことなども解説してくださり、コンサートのあとの鑑賞の楽しみも広がりました。
木管楽器ならではの柔らかな響きと、重なり合う音の美しさに憩いの時が流れました。
e0200353_17233122.jpg

e0200353_17264232.jpg

来月は6月28日3:30から、バリトンと弦楽器のアンサンブルを予定しています。
皆様のご来館お待ちしております。 黒川 裕子
[PR]



by matsu_bi | 2015-05-31 17:27 | コンサート

博物館実習(見学)

上智大学学芸員課程の47名の学生が、本日当館にいらっしゃいました。

AグループとBグループにわかれ、「館内見学」と「講義」を行いました。館内見学では、美術品の前に立って熱心にメモをとっている学生の方もおり、非常に感心しました。講義では、創立者である松岡清次郎についてや多岐にわたるコレクション、企画展や来館者サービス、こぼれ話など、当館ならではの特徴を館長代理 松岡治がお話しました。講義終了後の質疑応答では、学生ならではの視点でさまざまな質問が寄せられました。非常に数多くの質問が寄せられたため、すべての質問を記載はできないのですが、いくつかの質問をピックアップしておきます。

①松岡清次郎とはどのような人であったのか?
②所蔵品をすべて展示するのには何年かかるのか?
③収蔵品の貸し出しは行っているのか?
④なぜ床の間に洋画が展示しているのか?
⑤ワークショップを行っているのか、またイベントなどはあるのか?
⑥QRコードが使用できないお客様にはどのように対応するのか?
⑦今後の美術館の方向性はどうしていくのか?

e0200353_17312714.jpg

講義中の様子です。みなさんとても真剣に耳を傾けていました。

当館の見学を通して、何かひとつでも自分の糧になるようなものを持ち帰っていただけたのなら幸いです。
[PR]



by matsu_bi | 2014-06-26 17:48 | 学生

博物館実習

上智大学の博物館実習が当館で行われました(^∀^)


館長代理松岡治が創立者松岡清次郎と所蔵品の概要、展示などについて当館の特色をお話しました。

e0200353_11193693.jpg


みなさん大変熱心に聞き入られ、質疑応答ではたくさんの質問が寄せられました。


・公益財団法人、独立行政法人じゃなくて困ったことは
・利益は
・展示替えで粗相はあったりしましたか
・来館者数は景気に反映していますか
・年間来館者数は
・イベントは3年前くらいから始めたそうですが、きっかけは何だったんですか
・今の展示総数は所蔵品の何割くらいですか
・所蔵品が多岐にわたりますが専任の方がそれぞれいらっしゃるのですか
・ぐるっとパスやミナコレなどがありますが、どのように地域と連携をとっているのですか

などなど。



今回の実習が今後のお役に少しでも立てれば幸いです。




みなさんのご活躍を心よりお祈り申し上げます(^∀^)











(ユアサ)
[PR]



by matsu_bi | 2013-06-21 16:33 | 学生

博物館実習

上智大学の博物館実習が当館で行われ
60名の学生がいらっしゃいました。

創立者松岡清次郎と所蔵品の概要、企画展などについて当館の特色を
館長代理松岡治がお話しました。

e0200353_1028363.jpg

質疑応答では

・買い足す予定があるのか
・所蔵品を全部展示するのは何年かかるのか
・最適な湿度がそれぞれ異なる作品の湿度管理はどうするのか
・現代彫刻の重さは
・重いものを展示している部屋は普通の床とどのように違うのか
・美術館への就職の仕方
・集客数に対する意識は

などたくさんの質問があり

見学では

展示室から一度出てきて、もう一度入ったりと


みなさん熱心で感激しました(^∀^)






(ユアサ)
[PR]



by matsu_bi | 2011-05-20 11:42 | 学芸関係

松岡美術館 公式ブログ
by matsu_bi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お気に入りブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧