松岡美術館 ブログ

タグ:広報 ( 30 ) タグの人気記事




港区広報トピックスに紹介されました!

港区広報トピックスに当館が紹介されました!
19分頃から当館が取り上げられています。館長松岡による企画展の解説です。
港区広報トピックス、Youtube のどちらからでもご覧になれます。

港区広報トピックス


今回、展示室4の企画展は、陶磁器以外の中国工芸に焦点を当て、青銅器、銅鏡、金銅仏、漆工芸、玉器の54件で構成されています。
青銅器は新石器時代末期から制作されはじめたといわれています。神や祖先を祀る儀式に用いられたこれらは、複雑怪奇な文様が器面を埋め尽くしています。また、漢時代や唐時代の鏡の裏面に施された装飾には、当時の人々が信じた神や聖獣が表されており、私たちを神秘の世界へと誘います。その他、唐時代の小金銅仏や、明・清時代の漆工芸、清朝の玉器を出品しています。
中国の工芸品をまとまった形でお出しするのは、2007年以来となりますので、是非ご覧くださいませ。

「館蔵 中国の工芸」展は、9月23日(土・祝)まで
開館時間 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
会場 展示室4
観覧料 一般800円/65歳以上・障害者700円/中高大生500円(20名以上の団体は各100円引)


皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。


ミシマ


[PR]



by matsu_bi | 2017-08-05 16:46 | 最新情報・お知らせ

映画「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」試写会

昨日は、映画「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」の試写会に足を運びました。


エルミタージュ美術館は、ロシアのサンクトペテルブルクにある国立美術館です。エルミタージュとは「隠れ家」の意味で、もともとは創設者のエカテリーナ2世が気心の知れた人たちと過ごすための場所でした。
設立は1764年と古く、世界遺産にもなっています。ティツィアーノの初期作品《エジプトへの逃避》、ラファエロの《聖ゲオルギウスと竜》、レンブラントの《放蕩息子の帰還》、《ダナエ》など名品中の名品を所蔵し、ルノワール、モネ、マティス、ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ、ピカソなど、フランスの近代美術の名作もそろっています。


映画は、ロシアの美しい街並みと「エルミタージュ美術館は、ロシアの歴史そのもの」という台詞からはじまります。息を飲むような美しい映像と訴えかけてくる言葉に、冒頭から鷲掴みにされました。
「エルミタージュ美術館は、ロシアの歴史そのもの」という言葉の通り、本作は美術館所蔵の名品を紹介するにとどまらず、その背景となる歴史にスポットが当てられています。そこには、戦火から美術品を守り続けた歴代の館長と学芸員たちの知られざるストーリーがありました。


第二次世界大戦中、敵国からの脅威を避けるため、エルミタージュ美術館の職員たちは、コレクションを安全な地へと移動する大プロジェクトを開始しました。疎開先は、ウラル山脈中部の街スヴェドロフスク(現・エカテリンブルク)。列車によってコレクションは運ばれ、館内には絵を抜き取った後のおびただしい数の額が残りました。
ある日、疲弊した兵士たちがコレクションの大移動で空っぽになったエルミタージュ美術館に訪れたことがありました。しかし学芸員たちは空になった額の前で、以前飾られていた絵画の解説をはじめました。実物はそこにありませんが、兵士たちはその話を聞いて想像を膨らませ、幸せな心地になったと言います。過酷な状況下の中、美術品が人々に与えものは大きかったのです。


いまお話したのは、映画のほんの一部分です。ぜひ、みなさまも本編をご覧になってはいかがでしょうか。エルミタージュ美術館のコレクションを高画質な画像で鑑賞できるだけでなく、ロシアの歴史とその背景を知ることのできる一本です。
また、現在、六本木・森アーツセンターギャラリーにて「大エルミタージュ美術館展」が行われていますので、併せてご覧になることでより理解が深まることかと思います。




ミシマ


[PR]



by matsu_bi | 2017-04-01 14:40 | 広報活動

「FUJIFILM SQUARE 開館10周年記念写真展」の内覧会

先日、「FUJIFILM SQUARE 開館10周年記念写真展」の内覧会に足を運びました。
各方面でご活躍されている名だたる方々の作品に、ただただ驚きでした。

e0200353_13073839.jpg















e0200353_12240539.jpg















e0200353_12241111.jpg















e0200353_12253228.jpg















e0200353_12272812.jpg


























個人的には、この写真(鶏卵紙)に絵具で彩色を施した作品が好きです。
写真と絵画が融合した、調和と新鮮さがそこにはありました。
カラー写真がない時代であっても、
こうした工夫により色を伝えることができたのか、と感激しました。


e0200353_13062364.jpg


























また、学生時代にお世話になった土田ヒロミ先生の作品もありました。
土田先生には、写真と言葉の関係性についてをご教示いただきました。
撮影した写真一枚一枚に、それぞれ20字程度の言葉を添えていき、
写真を言葉と結び付けていく。
いままで自分が体験したことのなかった、
あのワークショップは卒業して数年経ったいまでも鮮明に覚えています。



デジタルの普及により、写真を印刷する機会がしだいに減りつつある現代ですが、
生のプリントに触れることにより、改めて紙が持つ独特の世界観を体感しました。

風のゆらめき、空気の匂い、街や空の表情、人々の想い。
五感にうったえかけてくる、そんな写真の数々。
ぜひ皆様にも、そんな写真たちの世界を味わっていただけたらと思います。

「FUJIFILM SQUARE 開館10周年記念写真展」の詳細は、以下になります。





ミシマ
[PR]



by matsu_bi | 2017-03-26 14:49 | レセプション

新キャラクター誕生のお知らせ

松岡美術館に新キャラクター「まつにゃん」が誕生しました!
e0200353_18201548.jpg
当館の作品をいろいろなところで紹介していきます。
まつにゃんの活躍にどうぞご期待ください!

山口



[PR]



by matsu_bi | 2017-01-07 18:27 | 最新情報・お知らせ

次回展【Tチケット】発売のお知らせ

次回展「松岡コレクション 中国の陶磁 明から清まで」「 洋画の魅力 松岡コレクションの日本油彩画」の「Tチケット」の販売が開始されました。

今回は、マスキングテープセット券!
内容としては、当館の所蔵品をモチーフにしたマスキングテープ(三種セット)と一般入館券のセットでの販売です。
販売価格は1800円(税込)。

マスキングテープはそれぞれ、インドのヒンドゥー教彫刻、パキスタンのガンダーラ彫刻、古代エジプトの彩色木棺がデザインされています。
e0200353_14532853.jpg

※こちらのマスキングテープ(三種セット)は、会期中当館のショップでも1500円(税込)で販売いたします。

Tチケットの販売期間は展覧会最終日の前日2017年1月14日(土)23:59までのため、
お買い求めの際はご注意ください040.gif

詳細はこちらをご覧ください!

山口
[PR]



by matsu_bi | 2016-09-17 15:04 | 次回展のお知らせ

T-SITEインタビュー お客様の思いがつまっている場所だから、いつまでも変わらない存在でいたい

先日、ご紹介した記事に引き続き、当館の館長 松岡がインタビューを受けた記事がT-SITEにて公開されました。
ぜひチェックしてみてください!

記事はこちら

全三回にわたるインタビュー、いかがだったでしょうか?
この記事を読んで、少しでも当館に興味を持ってくださった方がいらっしゃれば、幸いです。
皆様のご来館を心よりお待ちしております。

ヤマグチ
[PR]



by matsu_bi | 2016-08-16 10:26 | 最新情報・お知らせ

T-SITEインタビュー「今回を逃したらもう一生会えないかも」ではなくて、「またいつか会おうね」という場所

当館の館長 松岡がインタビューを受けた記事がT-SITEにて公開されました。
ぜひチェックしてみてください!

記事はこちら

第三回(最終回)も、引き続き館長 松岡のインタビューです。
お楽しみに♪

ヤマグチ
[PR]



by matsu_bi | 2016-08-09 12:27 | 最新情報・お知らせ

【松岡美術館】写真撮影や模写もOK!「小さい頃に来ておきたかった」親しみのある美術館―連載第1回

先日、当館の副館長 黒川と学芸員 三島がインタビューを受けた記事がT-SITEにて公開されました。
ぜひチェックしてみてください!

記事はこちら

第二回は、館長 松岡のインタビューです。
こちらもお楽しみに♪

ヤマグチ
[PR]



by matsu_bi | 2016-08-03 10:49 | 広報活動

東京クラッソ

TOKYO MXで4月23日(土)7:30~8:00(再放送4月24日(日)21:30~22:00)に放送予定の「東京クラッソ」で当館が紹介されます。

映画コメンテーターの有村昆さんが松岡コレクションをどのように評論されたのか...
乞うご期待!

番組の詳細はこちらをご覧ください。

※当館は現在展示替え中につき、放送日含め25日まで閉館しております(;^_^A
ご注意くださいませ。
次回展「松岡コレクション 中国の陶磁 宋から元まで」
および「シャガール、ヴラマンク、キスリング...館蔵7作家によるヨーロッパ近代絵画展」は
4月26日から始まります!こちらもどうかお楽しみに(^○^)/

山口
[PR]



by matsu_bi | 2016-04-20 13:10 | 広報活動

掲載誌のご案内

下記の雑誌にご紹介いただきました(^∀^)

e0200353_1273716.jpg


ぴあMOOK


ぜひご覧くださいませ♪
[PR]



by matsu_bi | 2014-01-31 12:14 | 掲載誌のお知らせ

松岡美術館 公式ブログ
by matsu_bi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル