松岡美術館 ブログ

タグ:館内情報 ( 23 ) タグの人気記事




ロビーコンサート アートとともに 音で感じる風景 武蔵野音楽大学 2本のクラリネットとバセットホルンによるトリオ

1118日(土)1530分より、2017年第4回目のロビーコンサートを行いました。

出演者は、武蔵野音楽大学の志村航天さん(クラリネット)、山下 虹歩さん(クラリネット)、山口真生さん(バセットホルン)。


【プログラム】

高橋 宏樹 【3つの魔法 】より

≪Ⅰ. 風の魔法

W.A.モーツァルト オペラ 【フィガロの結婚】より

≪もう飛ぶまいぞこの蝶々≫

≪恋とはどんなものかしら≫

オペラ 【ドン・ジョヴァニ】より

≪お手をどうぞ

W.A.モーツァルト ディヴェルティメントNo.4より

〈アンコール曲〉

宮城道雄

≪春の海≫

e0200353_13243843.jpg

今回のコンサートは前回と同じく武蔵野音楽大学の皆さんによるプログラム「音で感じる風景」。モーツァルトのオペラ曲を中心に、爽やかで和やかな演奏を披露してくださいました。アンコール曲は現在開催中の企画展【屏風と掛軸】にちなんで、宮城道雄の≪春の海≫。展示中の寺崎廣業『春海雪中松図』にぴったりな選曲でした。しかも、今回演奏した《春の海》はオリジナルではなく、武蔵野音楽大学卒業生の方が編曲したもの。『春海雪中松図』を鑑賞中に曲を聴けた方は至福のひとときだったのではないでしょうか。

e0200353_13342113.jpg
寺崎廣業『春海雪中松図』六曲一双(展示は11月26日(日)まで)

志村航天さん、山下 虹歩さん、山口真生さん、武蔵野音楽大学 音楽環境運営学科の皆さん、ならびにご来館してくださった皆様、ありがとうございました。

次回のロビーコンサートは、1223日(土・祝)の1530分~

デュオ・イトドによるクリスマスコンサートを予定しております。

次回もどうぞお楽しみに。

皆様のご来館を心よりお待ちしております。

山口


[PR]



by matsu_bi | 2017-11-22 13:40 | コンサート

ワークショップ「古代エジプトの香り」を開催します!

*ワークショップは各回とも募集を締め切らせていただきました。

「古代エジプトの香り」と題したワークショップを開催します。

サロン ド フルール イコアのアロマ調香師・青木恵先生と当館学芸員が、
現在展示中の古代エジプト作品をもとに、香りにまつわるエピソードをご紹介します。
2人のトークショーの後は、ご参加の皆様に実際に香料を調合していただくワークショップとなります。
古代エジプト人が愛してやまなかった当時の香りをこの現代に蘇らせてみませんか?

詳細は以下の通りです。

受講料 3,000円(税込)
各回先着 20名
会場 松岡美術館
開催日 10月14日(土)10月27日(金)11月11日(土)11月24日(金)
各回とも閉館後17時30分より開始、終了は19時30分を予定しています。
募集締切は、各開催日の3日前までとなります。
11月11日(土)、11月24日(金)ともに定員に達したため、募集を締め切らせていただきました。

お申込・お問い合わせは、お電話(03-5449-0251)にて。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。
ご質問・不明な点等がございましたら、担当の三島まで。


e0200353_10060622.jpg




























ミシマ
[PR]



by matsu_bi | 2017-09-21 17:22 | ワークショップ

MMOAワークショップ2017 「お友だちの顔、印象は(派)?」第一回

7月29日(土)10:00から、MMOAワークショップ2017 「お友だちの顔、印象は(派)?」を開催しました。
e0200353_14162649.jpg
今年のワークショップは現在開催中の企画展「松岡コレクション 印象派・新印象派 モネやルノワールはどこを描いたの?なにを描いたの?」に絡めたもので、
参加者一人一人をモデルにして、モデル以外の参加者で1つの肖像画を描くというものです。

実際に描く前に、「松岡コレクション 印象派・新印象派 モネやルノワールはどこを描いたの?なにを描いたの?」にて展示中の作品を鑑賞。
なにが描かれているのか、どういう風に描かれているのか、観察しました。
e0200353_15481041.jpg
観察が終わったら、さぁ肖像画を!ではなく、その前にぬいぐるみをモデルにリハーサル......
e0200353_15592816.jpg
一人の持ち時間は2分間。限られた時間の中で、モデルを観察して抱いた印象を描いていきます。
e0200353_15570754.jpg
そして、次はいよいよ肖像画。
e0200353_16094922.jpg
今回は保護者の方にも参加していただきました。
e0200353_16111493.jpg
とても雰囲気のある肖像画が完成しました!
最後に完成した絵を元々シャガールの版画が入っていた額に入れて、鑑賞会。
額に入れると、よりアートな絵に見えてきます。
e0200353_16141433.jpg
e0200353_16142096.jpg
e0200353_16142982.jpg
e0200353_16162398.jpg

暑い中、お越しくださった参加者の皆様、どうもありがとうございました。
次回8月30日(水)は小学4~6年生が対象です。
まだまだ参加者募集中です。
お申込、お問い合わせはお電話(03‐5449‐0251 担当:黒川)で承ります。
皆様のご参加をお待ちしております。

山口

[PR]



by matsu_bi | 2017-07-30 17:32 | ワークショップ

ワークショップ『お友だちの顔、印象は(派)?』開催のお知らせ

729日(土)、830日(水)に小学生を対象としたワークショップ《アートからアートしよう MMOAワークショップ2017『お友だちの顔、印象は(派)?』》を開催いたします。

現在、開催中の企画展「松岡コレクション 印象派・新印象派 モネやルノワールはどこを描いたの?なにを描いたの?」に関連したワークショップです。

詳細はお電話でお問い合わせください。

e0200353_14162649.jpg

【開催概要】

729日(土)10:0012:00

 対象:小学1~3年生

 定員:12名 ※申込先着順

830日(水)13:0015:00

 対象:小学46年生

 定員:12名 ※申込先着順

お問い合わせ先:03-5449-0251(担当:黒川)


皆様のご参加を心よりお待ちしております。


山口


[PR]



by matsu_bi | 2017-07-04 14:22 | ワークショップ

上智大学学芸員課程 博物館実習・見学

本日、上智大学学芸員課程の授業が当館で行われました。

館長松岡、上智大学出身のOGで企画・販売担当の土橋、わたくし学芸員のミシマの3人が講義を行いました。

館長からは創立者松岡清次郎の紹介・所蔵作品・来館者サービス、土橋からは販売業務・教育普及活動・就職活動などについて講義を行いました。わたくし学芸員のミシマからは、学芸員の一年と主な仕事・一日のスケジュールについて紹介させていただきました。


質疑応答の時間では、教育普及活動の目指す場所、コレクションを新しく増やさないポリシー、就職のきっかけと学生時代の専門分野、多言語化について等の質問が寄せられました。

皆様真剣にメモを取って講義に参加されていました。本日お話した内容が少しでも学びになれば幸いです。

e0200353_16180452.jpg

講義中撮影も行っていたため写真ではわたくしミシマが写っていませんが、学芸員の業務についてお話させていただきました!(;´∀`)


(ミシマ)
[PR]



by matsu_bi | 2017-05-25 16:39 | 学生

ロビーコンサート アートとともに Duo Deux Fleurs -デュオ ドゥ フルール-

全国的に雪が降ったりと寒い日が続く2月11日土曜日の午後3時30分から、今年初めてのロビーコンサートを開催しました。

今回の出演者は、中村ゆか里さん、中村里奈さん姉妹によるヴァイオリンデュオ「Duo Deux Fleurs -デュオ ドゥ フルール-」。


【プログラム】

クライスラー 愛の喜び

ベリオ 二台のヴァイオリンの為のコンチェルト

カッチーニ アヴェマリア

バルトーク ルーマニア民俗舞曲

〈アンコール曲〉

さくら変奏曲

e0200353_10354192.jpg

鮮烈な曲調でスタートした今回のコンサート。そこへ、カッチーニのアヴェマリア。会場がしっとりとした雰囲気に包み込まれます。続く、バルトークのルーマニア民俗舞曲は7つの舞曲の旋律を用いて6つの部分で構成されており、思わず踊りたくなるようなリズミカルな楽しい演奏でした。ここ数日は、外出が億劫になるような寒さが続いていますが、館内は沢山のお客様の拍手に包まれていました。

さらに、アンコールでは当館の庭園を桜の時期に無料開放していることをご紹介くださったうえで、さくら変奏曲を演奏するという粋なはからい。素敵な演奏に加え当館の宣伝まで、どうもありがとうございますm(_ _)m

さくらさくら…日本人なら誰もが親しみのあるメロディーですが、二台のヴァイオリンによって奏でられる優雅かつドラマティックなメロディーで、春の到来が待ち遠しくなりました。

中村ゆか里さん、中村里奈さん、ならびにご来館くださった皆様、ありがとうございました。

当館の庭園開放については、ツイッターや、こちらのブログでお知らせしておりますので、ぜひお越しください。(写真は昨年、春のお庭です。)

e0200353_10362575.jpg
e0200353_10443568.jpg

次回のロビーコンサートは、4月29日(土・祝)の15時30分~

岩瀬龍太さんによるクラリネットの演奏を予定しております。

次回もお楽しみに。

皆様のご来館を心よりお待ちしております。

山口


[PR]



by matsu_bi | 2017-02-12 10:49 | コンサート

新図録【わたしの好きなシロカネ・アート ベストセレクション】発売のご案内

本日より、新しい図録の販売を開始します!

タイトルは《わたしの好きなシロカネ・アート ベストセレクション》

タイトルを見て、ピン!ときた方もいらっしゃると思いますが、こちらの図録は、昨年開催した当館の創立40周年記念 特別企画《わたしの好きなシロカネ・アート》をベースに製作いたしました017.gif

内容を少しだけご紹介します!
図版は、昨年の展覧会でご紹介した人気アートランキング上位50位の作品、「Vol4.わたしのお気に入り」で出展し当館に縁のある方々のお気に入り作品の図版を掲載!さらに、本図録で初公開となる、当館館員のお気に入り作品の図版も掲載しました!
また、当館の創立者松岡清次郎の生涯や松岡コレクションの変遷、そして当館の歴史についても、ご紹介しています。

e0200353_18262328.jpg


本図録は、昨年の展覧会に出展した全作品を網羅した図録ではありませんが、《わたしの好きなシロカネ・アート》のテーマを踏襲しつつ、幅広いジャンルのコレクションを持つ当館の概観を把握できるに一冊に仕上がったのではと思います。
ご来館の際は、ぜひショップでご覧ください!

【書籍情報】
タイトル:わたしの好きなシロカネ・アート ベストセレクション
価格:2500円(税込)
ページ数:144
サイズ:185×250

山口
[PR]



by matsu_bi | 2016-10-28 10:00 | ミュージアムショップ

オリジナルアロマはじめました♪

e0200353_1384110.jpg


企画展「松岡コレクション 中国の陶磁 明から清まで」および「洋画の魅力 松岡コレクションの日本油彩画」初日の本日より、エントランスエリアでのアロマ演出をはじめました。

館内に入った瞬間に広がる癒しの香りで、お客様に心地好くお過ごしいただける空間を目指しています。
モミ、松、ヒノキ、ユーカリ、白檀、乳香など、9種類の天然アロマをブレンドした当館オリジナルの香りをお楽しみください。

皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。

#ミシマ
[PR]



by matsu_bi | 2016-10-05 13:09 | 館内情報

中国陶磁みてあるき2016

この春、東京では中国陶磁の展覧会が相前後して開催されています。

五島美術館、東京国立博物館、町田市立博物館、松岡美術館の4館で連携して、
「中国陶磁みてあるき2016」と題し、
各館の展示情報や関連作品などを相互に紹介しています。

当館でも、現在「松岡コレクション 中国の陶磁 漢から唐まで」を開催中の展示室4に
各館の展示情報紹介パネルを設置し、
パンフレットやチラシ、割引券などの配布を行っています。
是非お立ち寄りください。

展示の詳細、アクセスなどは各館のホームページをご覧ください。

五島美術館 「館蔵 中国の陶芸展」 開催中 2/20土~3/27日

町田市立博物館
常盤山文庫と町田市立博物館が語る―中国陶磁うつくし―」 開催中 3/12土~5/8日

東京国立博物館 「中国陶磁の技と美」 開催中 3/15火~5/15日

これを機会に、春の東京であちらこちら、中国陶磁を気軽に楽しんでみませんか?

(寺島)
[PR]



by matsu_bi | 2016-03-13 16:37 | 最新情報・お知らせ

ロビーコンサート アートとともに フルートの調べ

開き始めた桜をバックに、3月28日(土)午後3:30から、本年3回目のロビーコンサートを開催しました。
演奏はフルーティストの槇本吉雄氏。今回は展示室3のヒンドゥー彫刻の一つ《踊る少年クリシュナ》にちなみ、東洋的な一曲も加えてくださいました。
プログラムは、以下のとおりです。

1 ラルゴ            G.F.ヘンデル
2 月の光            C.ドビュッシー
3「笛吹きたち」より クリシュナ A.ルーセル
4 朝の歌            E.W.エルガー
5「無伴奏フルートのための3つの小品」より 翡翠 P.O.フェルー
6 亡き王女のためのパヴァーヌ  M.ラヴェル

クリシュナはヴィシュヌ神の化身と言われる美男子の神様です。笛の名手でもあったと言われ、神様たちもその音色に陶酔したそうです。少年時代から様々な逸話が語られるクリシュナの、悪戯な姿を彷彿とさせる響きに、みなさん聴き入っていらっしゃいました。

e0200353_16474073.jpg


槇本氏は5月17日(日)広尾のMGホールでコンサートを開催されます。詳しくは槇本氏のHPをご覧下さい。http://www.h2.dion.ne.jp/~flute.ym/

今月のコンサートは4月25日(土)3:30から、弦楽合奏団 ENSEMBLE MINATOのみなさんの演奏です。新緑の庭園をバックに、ゆっくりおすごしください。皆様のご来館をお待ちしております。

黒川
[PR]



by matsu_bi | 2015-04-11 16:58 | その他

松岡美術館 公式ブログ
by matsu_bi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧