人気ブログランキング |

松岡美術館 ブログ

タグ:イベント ( 58 ) タグの人気記事




スペシャルギャラリートークのお知らせ

e0200353_17452440.jpg
当館では、現在の展覧会終了後に長期休館に入ります。
そこで、これまでのご愛顧への感謝のしるしとして、また、再開まで松岡美術館を心に留めていただきたく、最終日に館長によるスペシャルギャラリートークを開催することとなりました。
通常の作品解説に加え、創立者・松岡清次郎の生涯、松岡美術館の他館にはない特色などを中心に、秘蔵VTRも交えてお話するロングバージョンです。
是非、この機会にお越しになり、しばしのお別れを惜しんでいただけましたら幸いです。


タイトル:「知ればなるほど、松岡美術館 感謝を込めて」

1回目:6月1日(土)10:30
2回目:6月1日(土)14:00

場所:一階ロビー

※二回とも内容は同じ、所要時間90~120分です。
※入館料だけでどなたでもご参加いただけます。
※2回目はかなりの混雑が予想されますので、1回目のご参加をお勧めいたします。

(松岡)





by matsu_bi | 2019-05-25 17:48 | 最新情報・お知らせ

ロビーコンサート アートとともに パンフルート 櫻岡 史子

2019年3月30日(土)15時30分より、ロビーコンサートを開催しました。
今回は櫻岡史子さんによるパンフルートの演奏。
櫻岡さんにご出演いただくのは今回が二回目です。

↓前回ご出演いただいたコンサートのブログです。

プログラム
オルト川を渡りに行った(ルーマニア民謡)
民族衣装をきて(ルーマニア民謡)
森のダンス(G.ザンフィル)
鳥の歌(カタロニア民謡)
大魚(中国のアニメ映画「ビッグフィッシュ&ベゴニア」より)
さくらさくら
アンコール ガブリエルのオーボエ(映画「ミッション」より)
e0200353_17295583.jpg
パンフルートはシルクロードを通じ、中国、そして日本にも伝来しました。日本では排簫と呼ばれ、奈良時代から平安時代まで雅楽の楽器として使用されていたようです。
今回はルーマニア民謡から中国、日本の楽曲と、パンフルートの足跡を辿るプログラムで幅広いパンフルートの魅力をご紹介くださいました。

櫻岡さん、ご来場いただいたお客様、ありがとうございました。
休館により、ロビーコンサートは今回を以てしばらくお別れとなりますが、休館明けも開催予定ですので、どうぞお楽しみに。

山口





by matsu_bi | 2019-04-02 17:42 | コンサート

ロビーコンサート アートとともに 音で感じる風景 武蔵野音楽大学

2018年11月17日(土)にロビーコンサートが行われました。
演奏は、武蔵野音楽大学選抜メンバーによる木管アンサンブルでした。
演奏者は、中島理子さん、飯島七海さん、斉藤佳音さんの3人です。
曲目は以下の通りとなります。

高橋宏樹、『3つの魔法』より
第1楽章「風の魔法」
2本のクラリネットとテナーサクスフォンによる三重奏。

ニコライ・ミャスコフスキー、『ロシアの5つの二重奏曲』より
「ワルツスタイル」
「哀愁的な気分」
「古き良き時代のスタイル」
「狩人の呼びかけ」

ミャスコフスキーは、モスクワ音楽院の作曲学科の教授でした。

ヨハン・セバスティアン・バッハ、『インヴェンション』より

第1番八長調
第9番へ短調

「音楽の父」とも称されるバッハ。
彼はその人生の中で、1000を越える曲を生みました。

ヨハン・セバスティアン・バッハ、『イタリア協奏曲』より
第1楽章(特別編曲版 編曲:栃尾克樹)
バッハがイタリア音楽にインスピレーションを受けて創作した曲。
急・緩・急の3楽章形式で、イタリア風の旋律が盛り込まれています。

アンコール曲
モーツァルト、『ディヴェルティメント第5番』
ザルツブルグにある騎馬学校の騎馬パレードのためにつくられたと考えられている曲。

e0200353_15164596.jpg













e0200353_15163914.jpg














クラシックの心地好い旋律に癒しをいただきました。
また、その中に若き力強さがあり、一般で聴くクラシックとは一味違った音色が印象的でした。
このたびご来館いただいたお客様、誠にありがとうございました。
土曜日の午後のひととき、音楽と美術のコラボをお楽しみいただけたのなら幸いです。

ミシマ




by matsu_bi | 2018-11-20 10:21 | 関連イベント

ロビーコンサート アートとともに 音で感じる風景 武蔵野音楽大学

7月21日(土)15時30分より、2018年第3回目のロビーコンサートを開催いたしました。
出演者は、武蔵野音楽大学の杉森桜さん(ヴァイオリン)、齋藤恵さん(チェロ)、伊澤郁奈さん(ヴィオラ)。
プログラムは以下の通り。

【プログラム】
 ヘンデル《水上の音楽》
 エルガー《愛の挨拶》
 ベートーヴェン《弦楽三重奏のためのセレナード》

〈アンコール〉
 ヘンリー・マンシーニ《ムーン・リバー》
 井上陽水、平井夏美《少年時代》
e0200353_14453121.jpg
今年で6年目となる、武蔵野大学音楽環境運営学科の皆さんによるロビーコンサート『音で感じる風景』。今回はクラシックの名曲たちを爽やかに演奏してくださいました。
武蔵野大学音楽環境運営学科の皆さん、演奏してくださった杉森さん、齋藤さん、伊澤さん、今年の猛暑を吹き飛ばすような爽やかなコンサートをありがとうございました。
そして、ご来館くださいましたお客様、ありがとうございました。
次回のコンサートは11月17日(土)15:30~
武蔵野音楽大学の学生による木管アンサンブルを予定しております。
次回もどうぞお楽しみに。
皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。

山口



by matsu_bi | 2018-07-28 14:10 | コンサート

ロビーコンサート アートとともに パンフルート 櫻岡史子 with ライアー あまね伶

6月30日(土)15時30分より、2018年第2回目のロビーコンサートを開催いたしました。
出演者は、櫻岡史子さん(パンフルート)、あまね伶さん(ライアー)。
プログラムは以下の通り。

【プログラム】
 《紫陽花》
 《鳥の歌(カタルーニャ民謡)》
 《世界に忘れられた小さな村(ルーマニア民謡)》

〈アンコール〉
 《カム・アゲイン》
e0200353_16124518.jpg
パンフルートとライアーの幻想的な音色が、束の間みなさまを異国の地に誘いました。
今回、演奏してくださったパンフルートとライアーの起源は古代ギリシア時代まで遡ります。
パンフルートという名前はギリシア神話に登場する牧神パーンが吹いていたことに由来します。
e0200353_16441729.jpg
当館所蔵《ファウヌス頭部像》(現在、展示しておりません)
ファウヌスはローマ神話に登場する神でパーンと同一視される


また、ライアーもギリシア神話に登場しており、オリュンポス十二神の一人ヘルメスが発明したとされています。
e0200353_16474978.jpg
当館所蔵《ヘルメス頭部像》(現在、展示しておりません)

常設展示のミネルヴァ、ゼウス、アフロディテといった同起源の像をそばに、お聴きいただいたパンフルートとライアーの音色はいかがだったでしょうか。

演奏してくださった櫻岡さん、あまねさん、そしてご来館くださいましたお客様、ありがとうございました。
次回のコンサートは7月21日(土)15:30~
武蔵野音楽大学の学生による弦楽トリオを予定しております。
次回もどうぞお楽しみに。
皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。

山口




by matsu_bi | 2018-07-03 16:41 | コンサート

ロビーコンサート アートとともに フルート 槇本吉雄

331日(土)1530分より、2018年第1回目となるロビーコンサートを開催いたしました。

出演者は、フルーティストの槇本吉雄さん。春めくお庭を背景に柔らかなフルートの音色が響き渡りました。プログラムは以下の通り。


【プログラム】

G.Ph.テレマン ≪ファンタジー第1番≫

J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲第2番より

A.オネゲル ≪牝山羊の踊り≫

A.シュターミッツ ≪ロンド・カプリッチオーソ≫

J.ドンジョン ≪エレジー≫

P.O.フェルー ≪硬玉(ひすい)≫

〈アンコール〉

G.Ph.テレマン ≪ファンタジー第3番≫


春らしい鳥のさえずりのような音色で始まった今回のコンサート。バロック音楽を代表する作曲家であるテレマンやバッハに始まり、20世紀前半にフランスで活躍したオネゲルやフェルーなど、様々な時代の作曲家の曲を披露してくださいました。今年は例年に比べ桜の開花が早く、残念ながらお庭の桜は見頃を過ぎていましたが、演奏中フルートの音色にシンクロするように桜の花が舞い散る場面もあり、耳も目も愉しい至福のひと時でした。

槇本さん、ならびにご来館くださった皆様、ありがとうございました。

e0200353_14470835.jpg

次回のロビーコンサートは、2018630日(土)1530分~ 

櫻岡史子さん(パンフルート)、あまね伶さん(ライアー)による演奏を予定しております。

皆様のご来館を心よりお待ちしております。


山口





by matsu_bi | 2018-04-03 14:47 | コンサート

古代エジプトの聖刻文字を読んでみよう

講座『古代エジプトの聖刻文字を読んでみよう』にご参加いただいた皆様、
本日は誠にありがとうございました。
古代エジプトの文字の世界はいかがでしたでしょうか?
今回はほんの少しだけ、古代エジプト人が何を考え暮らしていたのかをご一緒に覗いてみました。
この講座がそんな彼らに興味をもつきっかけとなれば幸いです。

e0200353_18294221.jpg














また、聖刻文字講座の第2弾、エジプトの死生観や埋葬習慣に関する講座、
ギリシア・ローマやガンダーラ美術の講座を希望するお声もありました。
多くのご意見やご質問により、私自身、大変学びとなる講座になりました。
今後、お客様のご意見を参考・反映した企画を行えるよう努力したく存じます。
本日はご来館ならびにご清聴いただき、誠にありがとうございました。

ミシマ




by matsu_bi | 2018-03-04 18:24 | 関連イベント

ロビーコンサート アートとともに duo itodo

12月23日(土・祝)15時30分より、2017年第5回目のロビーコンサートを開催いたしました。

出演者は、duo itodoのお二人(ギター:熊谷俊之、クラリネット:岩瀬龍太)

e0200353_11433467.jpg

【プログラム】

エリック・サティ

≪ジムノぺディ≫

ジュール・マスネ

≪タイスの瞑想曲≫

ガブリエル・フォーレ

≪シシリエンヌ≫

≪愛の夢≫

マキシモ・ディエゴ・プジョル【ブエノスアイレス組曲】より

≪Ⅱ楽章 Parlemo(パルレモ)≫

≪Ⅲ楽章 San Telmo(サン テルモ)≫

〈アンコール〉

涙そうそう

e0200353_11412052.jpg

duo itodoのお二人にご出演いただくのは今回が二回目(岩瀬さんは以前、ソロでご出演いただいたので三回目)。クラシックの名曲が多く名を連ねた今回のプログラム。誰もがどこかで聴いたことのある名曲たちをitodoサウンドでお楽しみいただきました。ギターとクラリネットによって繰り広げられるしっとりした音の波が館内にやわらかに広がった安息のひと時でした。そして、今回のコンサートには岩瀬さんがご指導なさっている台東区立富士小学校吹奏学部の皆様もいらっしゃいました。富士小学校吹奏学部は数々のコンクールで賞を受賞している強豪です。先生の演奏、美術館でのコンサートはいかがだったでしょうか。

duo itodoの熊谷さん、岩瀬さん、ならびにご来館くださった皆様、ありがとうございました。


次回のロビーコンサートは、2018年331日(土)の1530分~

槇本吉雄さんによるフルートの演奏を予定しております。

今年のロビーコンサートもどうぞお楽しみに。

皆様のご来館を心よりお待ちしております。


山口





by matsu_bi | 2018-01-05 10:37 | コンサート

ロビーコンサート アートとともに 音で感じる風景 武蔵野音楽大学 2本のクラリネットとバセットホルンによるトリオ

1118日(土)1530分より、2017年第4回目のロビーコンサートを行いました。

出演者は、武蔵野音楽大学の志村航天さん(クラリネット)、山下 虹歩さん(クラリネット)、山口真生さん(バセットホルン)。


【プログラム】

高橋 宏樹 【3つの魔法 】より

≪Ⅰ. 風の魔法

W.A.モーツァルト オペラ 【フィガロの結婚】より

≪もう飛ぶまいぞこの蝶々≫

≪恋とはどんなものかしら≫

オペラ 【ドン・ジョヴァニ】より

≪お手をどうぞ

W.A.モーツァルト ディヴェルティメントNo.4より

〈アンコール曲〉

宮城道雄

≪春の海≫

e0200353_13243843.jpg

今回のコンサートは前回と同じく武蔵野音楽大学の皆さんによるプログラム「音で感じる風景」。モーツァルトのオペラ曲を中心に、爽やかで和やかな演奏を披露してくださいました。アンコール曲は現在開催中の企画展【屏風と掛軸】にちなんで、宮城道雄の≪春の海≫。展示中の寺崎廣業『春海雪中松図』にぴったりな選曲でした。しかも、今回演奏した《春の海》はオリジナルではなく、武蔵野音楽大学卒業生の方が編曲したもの。『春海雪中松図』を鑑賞中に曲を聴けた方は至福のひとときだったのではないでしょうか。

e0200353_13342113.jpg
寺崎廣業『春海雪中松図』六曲一双(展示は11月26日(日)まで)

志村航天さん、山下 虹歩さん、山口真生さん、武蔵野音楽大学 音楽環境運営学科の皆さん、ならびにご来館してくださった皆様、ありがとうございました。

次回のロビーコンサートは、1223日(土・祝)の1530分~

デュオ・イトドによるクリスマスコンサートを予定しております。

次回もどうぞお楽しみに。

皆様のご来館を心よりお待ちしております。

山口





by matsu_bi | 2017-11-22 13:40 | コンサート

ワークショップ「古代エジプトの香り」を開催します!

*ワークショップは各回とも募集を締め切らせていただきました。

「古代エジプトの香り」と題したワークショップを開催します。

サロン ド フルール イコアのアロマ調香師・青木恵先生と当館学芸員が、
現在展示中の古代エジプト作品をもとに、香りにまつわるエピソードをご紹介します。
2人のトークショーの後は、ご参加の皆様に実際に香料を調合していただくワークショップとなります。
古代エジプト人が愛してやまなかった当時の香りをこの現代に蘇らせてみませんか?

詳細は以下の通りです。

受講料 3,000円(税込)
各回先着 20名
会場 松岡美術館
開催日 10月14日(土)10月27日(金)11月11日(土)11月24日(金)
各回とも閉館後17時30分より開始、終了は19時30分を予定しています。
募集締切は、各開催日の3日前までとなります。
11月11日(土)、11月24日(金)ともに定員に達したため、募集を締め切らせていただきました。

お申込・お問い合わせは、お電話(03-5449-0251)にて。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。
ご質問・不明な点等がございましたら、担当の三島まで。


e0200353_10060622.jpg




























ミシマ



by matsu_bi | 2017-09-21 17:22 | ワークショップ

松岡美術館 公式ブログ
by matsu_bi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧